2層遮音パネル採用のXL-ATX対応静音ケース、Antec「P280-MW 」等計3モデルリリース

2012.10.10 16:33 更新

2012.10.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Antec(本社:アメリカ カリフォルニア州)国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2012年10月10日、静音性に優れたXL-ATX対応ミドルタワーPCケース「Performance One」シリーズ3機種について、新規取り扱い開始を発表した。10月13日より発売が開始されるのは、「P280-MW」「P280-MW Window」「P280 Window」で、市場想定売価は税込14,980円~15,980円。

静音PCケースの元祖、Antecが放つXL-ATX対応ミドルタワー3機種

P280-MW 市場想定売価税込14,980円(10月13日発売)
http://www.links.co.jp/item/p280-mw/
P280-MW Window 市場想定売価税込15,980円(10月13日発売)
http://www.links.co.jp/item/p280-mw-window/
P280 Window 市場想定売価税込14,980円(10月13日発売)
http://www.links.co.jp/item/p280-window/

静音ブームの火付け役となったAntecブランドのPCケース。同社「Performance One」シリーズに属する新型モデル3機種が10月13日から国内市場に登場する。
 今回新たに投入されるのは、静音性とメンテナンス性を兼ね備えた「P280」シリーズの3バリエーション。いずれもサイドパネル部にポリカーボネートを採用した2層式遮音パネルを採用。開閉式フロントドア内部にも吸音スポンジを貼り付け、俗に言う“窒息系”PCケースのフラッグシップを狙う。
 ベースとなる「P280-MW」(市場想定売価税込14,980円)は、高級感溢れるマットホワイト塗装が施され、XL-ATX規格のマザーボードに対応。0.8mm厚デュアルレイヤーのスチール素材により、剛性も高められた。

ドライブベイレイアウトは、5.25インチ×3、2.5/3.5インチシャドウベイ×6、2.5インチシャドウベイ×2。5.25インチはロック機構を備えたツーフルリー仕様とし、2.5/3.5インチ共用のシャドウベイは、専用トレイ式を採用した。
 冷却ファンは、リア排気に2段階調節対応120mm口径「TWOCOOL」ファン(600~1,200rpm/21.32~42.64CFM/17~23.65dBA)を標準装備する他、オプションでフロント120mm×2、ドライブベイ部120mm×2をそれぞれ増設する事ができる。

その他フロントI/OポートにUSB3.0×2(内部ヘッダピン接続)、USB2.0×2、音声入出力端子を装備。ミドルタワーPCケースでは標準装備になりつつあるリア水冷ホース用ホール、CPUメンテナンスホール(カットアウト)、ケーブルマネジメント機構、電源ユニット吸気ファン用ダストフィルター(着脱式)、大型シリコンゴムインシュレーターなどを採用した。

外形寸法は、D570×W225×H520mm、重量約9.8kg。対応フォームファクタはXL-ATX/ATX/Micro ATX/Mini-ITX。

トップ部に120mm口径ファン×2を備えたバリエーションモデルも

同時発売される「P280-MW Window」(市場想定売価税込15,980円)「P280 Window」(市場想定売価税込14,980円)は、いずれもサイドパネル部にアクリルウィンドウを装備し、内部構成パーツをLED仕様で楽しむなど、ドレスアップ需要に応えた。さらにトップ部には120mm口径「TWOCOOL」ファン×2を標準で装備。600rpmと1,200rpmの2段階切り替えに対応し、PCケース内部の排熱効率を高めた。その他スペックは「P280-MW」に準拠する。

アクリルウインドウ仕様の「P280-MW Window」「P280 Window」。ここにも2層のポリカーボネート遮音パネルが採用されている

文: GDM編集部 松枝 清顕
Antec: http://www.antec.com/
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/

totop