エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.732

一見シンプルだけど実は複雑なMini-ITXアルミ筐体。STREACOM「DA2」解剖

2019.04.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

一見シンプルだが複雑なSTREACOM「DA2」内部構造チェック

次に「DA2」の内部構造を詳しく解説していこう。STREACOMのPCケースといえば、どれも個性的で凝った内部構造がウリ。「DA2」も例外ではなく、わずか17.5リットルのアルミ製筐体内部には、自作派を唸らせるギミックが詰め込まれている。

なお、内部設計の詳細を個別に解説した後、最終セッションで組み込みを行うのが、エルミタ従来のパターン。しかし本稿では解説を進めつつ、構成パーツをどんどん組み込んで行く。特殊な構造であるがゆえに、空っぽな状態よりも実際に組み込んだ方が、よりイメージが付きやすいと考えた。

da2_08_1024x768
内部構造を詳しく見ていく前に、左右両サイドパネルを取り外しておこう
da2_26_1024x768
右側面のメッシュフィルタを取り外せば準備完了。一見シンプルだが、複雑な内部構造が徐々に明らかになっていく
da2_15_1024x768
「DA2」で実現する構成パーツレイアウトの例。この全体像で、内部の様子がほぼ把握できるだろう。こんな事ができてしまうのだ

「DA2」を司る「Universal Blacket」

両サイドパネルを外して内部を観察すると、意外にもほぼ”空っぽ”な状態である事が分かるだろう。およそ眺めるだけでは、どこにどの構成パーツが搭載できるのか見当がつかない。ではどのように組み込むのか。

実は予め装着された数本のブラケットが「DA2」最大のキモであり、マザーボードや電源ユニット、ストレージやラジエターまでマウントができてしまうのだ。

ブラケットには「PSU Bracket」「Drive Bracket」「Horizontal Bracket」「Vertical Bracket」等の種類があり、これらを総称して「Universal Blacket」と呼ぶ。いずれもシャーシ(フレーム)にナットとネジで固定され、「Track」と呼ばれるレール(溝)を設ける事で、固定位置を自由に移動する事ができる。この機構こそが「DA2」の変幻自在(またはつかみ所の無い)内部設計を作り出している。

da2_35_800x315
メインフレームには「Track」が設けられ、この溝にネジとナットがスライド。ブラケットの位置が自在に変更できる仕組み
da2_11_1024x768 da2_12_1024x768
「Track」を自由にスライドする正方形のナット(左)。ネジ(右)は2色で、可動させて使用するブラケットにはシルバーが使用されている

「Universal Blacket」にマザーボードを固定する

まずはマザーボードを搭載してみよう。対応規格はもちろんMini-ITX。搭載テストにはASRock「Z390 Phantom Gaming-ITX/ac」を用意した。

見て分かる通り、「DA2」には一般的なマザーボードトレイが無く、黒ネジで固定された「Vertical Bracket」2本を利用。予め装着済みのスタンドオフ4本で、四隅それぞれをネジ留めする。固定場所こそ特殊だが、作業自体は通常の手順となんら変わりはない。

da2_20_1024x768
da2_21_1024x768 「Vertical Bracket」はマザーボード固定幅に予め搭載済み。なおマザーボード付属のバックパネルだが、カットされた3mm厚アルミニウムに固定するとあって、「カチッ」とした装着感は無い
totop