エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.716

世界初の7nmプロセス採用ゲーミンググラフィックス、AMD「Radeon VII」検証

2019.02.07 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ベンチマークテスト:ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

ここからは、実際のゲームに即したベンチマークを進めていこう。まずは美しい映像表現が特徴のオンラインRPG「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」の公式ベンチマークテストからだ。描画品質は“最高品質”に固定し、解像度は1,920×1,080ドットと3,840×2,160ドットの2種類で計測を実施。総合スコアと平均フレームレートをまとめている。

radeon_vii_103_ffxiv-score_620x370a
radeon_vii_104_ffxiv-fps_620x370a

1,920×1,080ドットでは、“非常に快適”となる7,000ポイントの2倍以上のスコア。フレームレートも約130fpsで、高リフレッシュレートの液晶ディスプレイにも十分対応できるパフォーマンスを発揮する。また3,840×2,160ドットの判定も“非常に快適”から変わらず。フレームレートも50fpsを超えており、近頃安くなっている大画面の4K液晶ディスプレイとの組み合わせもオススメだ。また3,840×2,160ドットでは、「Auto Overclock GPU」を「Auto Overclock Memory」が上回る点にも注目したい。メモリへの負荷が上がる高解像度環境では、GPUよりもメモリのクロックを引き上げたほうが効果の高いこともあるようだ。

ベンチマークテスト:FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

続いて「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」ベンチマークソフトのスコアをチェックしていこう。描画品質は“高画質”で、解像度は1,920×1,080ドットと3,840×2,160ドットの2パターンで計測している。

radeon_vii_105_ffxv-score_620x370a

重量級のゲームタイトルとして知られる「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」だが、1,920×1,080ドットでは“快適”判定で、画質設定を追求した状態でも快適なゲームプレイが可能だ。ただし3,840×2,160ドットでは、判定は“普通”に落ち込んでしまい、やや緩めの画質設定を選ぶ必要がある。またオーバークロックの効果は、1,920×1,080ドットでは「Auto Overclock GPU」が約5%、「Auto Overclock Memory」では約4%なのに対して、3,840×2,160ドットではそれぞれ約5%、約6%と逆転している。

totop