エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.711

これで全てが分かる。Phanteks「ENTHOO EVOLV X GLASS」徹底解説

2019.01.12 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
2019年のPhanteks(本社:オランダ)レビューの第1弾は、昨年の「COMPUTEX TAIPEI 2018」開催と同時に披露された「ENTHOO EVOLV X GLASS」を取り上げる。独創的な設計で多くの自作派を楽しませてくれる同社が、マザーボードが2枚搭載できるデュアルシステム筐体を完成させた。早速Phanteksの意欲作をご紹介しよう。

「ENTHOO EVOLV」シリーズに変わり種「ENTHOO EVOLV X GLASS」デビュー

独特な世界観から多くの自作派を魅了するPhanteks。昨年開催された「COMPUTEX TAIPEI 2018」に合わせ、プライベートルームで披露したのが今回の主役。昨年12月より販売が開始された「ENTHOO EVOLV X GLASS(SATIN BLACK)」(型番:PH-ES518XTG_DBK)だ。

enthooex_121_1024x768
Phanteks「ENTHOO EVOLV X GLASS(SATIN BLACK)」(型番:PH-ES518XTG_DBK)
市場想定売価税込42,980円(12月8日発売)
製品情報(Phanteks / 株式会社アイティーシー

「ENTHOO」はPhanteksの主力シリーズ。特に「EVOLV」は、「ENTHOO EVOLV ATX」(2015年5月)、「ENTHOO EVOLV ATX Glass」(2016年4月27日)等が名を連ね、文字通り世界の自作PCエンスージアストが一目置く、多くの秀作を生み出している。そして新作の「ENTHOO EVOLV X GLASS」もまた歴代モデル同様、自作PC派をアッと言わせる仕掛けを用意してきた。市場想定売価税込42,980円という強気の売価からも、大いに期待を抱かずにはいられない。

evolvx_13_1024x768
昨年6月に台湾で発表された「ENTHOO EVOLV X GLASS」のプロトタイプ。PhanteksのTenzin Rongen氏(左)とBoon T.Khor氏(右)によるプレゼンは、製品に対する熱意がひしひしと伝わるものだった

スペック表に見るPhanteks「ENTHOO EVOLV X GLASS」

とにかく内容の濃いPCケースだけに、やや急ぎ足でスペック表から分かる概要をチェックしておこう。対応フォームファクタはE-ATX、ATX、MicroATX、Mini-ITXで、外形寸法は幅240mm、奥行き520mm、高さ520mmで、兄弟モデルである「Enthoo Evolv ATX Glass」よりも幅で+5mm、奥行きで+10mm、高さで+25mmと、それぞれ若干大型化されている。つまり前作からの単なる”焼き直し”ではない事が想像できるだろう。

PH-ES518XTG_1024x768d
国内市場ではSATIN BLACKの1色展開だが、グローバルサイトを見るとANTHRACITE GREY、GALAXY SILVERの2色がラインナップされているようだ

質感も重視する「ENTHOO」シリーズとあって、外装はアルミニウム素材を採用。シャーシにスチールを使用し、両サイドパネルには強化ガラスが装着されている。

なお重量は15kgで、1万円前後のミドルタワーPCケース2台分といったところ。外装パッケージは幅330mm、奥行き605mm、高さ605mmとなり、付属品および緩衝材を含めた総重量は17kgにもおよぶ。もし店頭からの持ち帰りを希望するなら、丈夫なキャリーカートの用意が必要になるだろう。

enthooex_spec_600x397
totop