【COMPUTEX】機能性を徹底的に追求したPhanteks「Enthoo EVOLV X」

2018.06.08 12:00 更新

2018.06.08 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Phanteks(本社:オランダ)は今年もGrand Hyatt Taipeiのプライベートルームにて、多数の新製品を披露した。中でも注目は「Enthoo」シリーズの最新機種「Enthoo EVOLV X」だ。

「Enthoo」シリーズはどこまで進化するのか

エルミタが初めて「Enthoo」シリーズを取り上げたのは、2013年11月の「Enthoo Primo Ultimate Chassis」だった。思えばPhanteks初のPCケースで、新興メーカーの同社が持てる全てを詰め込んだ自信作は、大きな話題を呼んだ。そして今日まで数多くの製品を自作PC市場に投入し、”自作PCエンスー”から多くの支持を集めている。

そんなPhanteksは、今年も「COMPUTEX TAIPEI 2018」のメイン会場からほど近いホテルのプライベートルームにて、新作「Enthoo EVOLV X」を持ち込んだ。

evolvx_13_1024x768 今年もプライベートルームでのホスト役はTenzin Rongen氏(左)とBoon T.Khor氏(右)

どこから紹介しよう。あらゆる箇所にギミックを詰め込まれた新作「Enthoo EVOLV X」は、E-ATXにも対応する大型のPCケース。外観デザインはひと目でPhanteksと分かるそれで、「Enthoo EVOLV」を基礎とし、まるで異なる設計ながら、熟成を重ねた進化系である事が想像できる。

両サイドパネルは背面寄りに蝶番を設けた開閉式で、内部の構成パーツを見て楽しむ強化ガラスを採用。固定はオーディオラックさながらのマグネット式だが、輸送時を考慮しネジ留めにも対応する。

evolvx_11_1024x768

フロントパネル裏側の両サイドには、アドレサブルRGB LEDストリップを貼り付け、さらにボトムカバー(シュラウド)の縁にもLEDを内蔵。魅せる要素を標準装備した。

evolvx_04_1024x768 evolvx_02_1024x768
ボトムカバーの電源マウント部をカット。銘柄アピールもできるようになった フロントパネル固定はジュラコンキャッチ式。下部2箇所のツメは脱落を防止するために新設された

次に背面に回ると、フロント方向さらにボトム方向に開くハッチのようなカバーがある。デモ機にはそれぞれ3基の2.5インチSSDが搭載されているが、これを閉じる事で裏配線を隠す役割を果たしている。右側面も強化ガラスが採用されているだけに、ケーブルマネジメントは単に収めるだけでは足らず、”綺麗に隠す”必要があった。シャドウベイ機能も盛り込み、まさに機能性を徹底的に追求した結果と言える。

evolvx_05_1024x768 evolvx_06_1024x768

そんな工夫はトップパネルやマザーボードトレイ正面でも確認できる。アルミ製トップカバーを外すと、シャーシ側の天板には120/140mm口径ファン3基の増設スペースがある。着脱式プレートは既存モデルでも採用済みだが、新たにカバーを用意。未使用部分を塞ぐ事で、空気の逆流を防ぎ、より質のいいエアフローレイアウトが構築できるのだという。

さらにマザーボードトレイ正面の右隣には、ネイルチップのようなカバーを4つ装備。いずれもスライドし、不要なケーブルマネジメントホールを塞いでしまおうという考えだ。やややり過ぎ感はあるものの、思いついた事を形にするPhanteksの伝統的とも言えるフットワークの軽さを感じさせる部分だろう。

evolvx_03_1024x768 evolvx_10_1024x768
空きスペースを塞ぐトップカバーはマグネット固定式。ちなみに付属は1枚で、残りのスペースは「どうせ使用するだろう」という事のようだ

冷却ファンはフロント120/140mmx3基、リア120/140mmx1基、トップ120/140mmx3基が搭載可能。ファンコントローラーも標準で装備される。またラジエターはフロントおよびトップ共に最大420mmサイズサポート。ただし両者420mmサイズは物理的に搭載ができない。

ドライブベイは3.5インチがボトム部4台+フロント部6台(3台分はオプショントレイが必要)の計10台。2.5インチはCPUクーラーカットアウト下に3台と、前述の開閉ハッチ裏に各3台の計9台。

evolvx_07_1024x768

圧巻の満載ギミックだが、極めつけはオプションキットを使えば、トップパネル部にMini-ITXマザーボードがマウント可能。背面のトップ部には2枚目のバックパネルI/O用カットが確認できる(ブランクパネル装着済み)。

evolvx_14_1024x768 evolvx_08_1024x768

構成パーツを用意されたスペースにフルで搭載させると、見るからに重厚な塊になるのはPhanteksのスタイル。他メーカーと違う点は、フル装備後の「姿」にこだわる点であり、じっくり眺めると非常に機能的かつ緻密にに設計されている事が分かる。空間を無駄にしない作りは、恐らくトップレベルであろう。

期待の「Enthoo EVOLV X」は、ブラックとホワイトの2色展開。発売は9月から10月頃を想定。国内市場での発売開始もそう遠くはないだろう。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
Phanteks: http://phanteks.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop