エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.633

パフォーマンスが飛躍的に向上。PLEXTORの最新フラッグシップ「M9Pe」シリーズ

2018.01.30 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「CrystalDiskMark 6.0.0」でも圧縮率の影響をチェック

続いてランダムアクセスを中心に圧縮率の影響を「CrystalDiskMark 6.0.0」で確認していこう。計測はデータサイズを1GiBに固定。データ形式は圧縮率の低い「デフォルト (ランダム)」と圧縮率の高い「All 0×00 (0Fill)」の2種類を選択し、計測を行った。

M9pe_201_crystal_1g_402x367 M9pe_202_crystal_1fg_402x367
【デフォルト (ランダム)】 【All 0×00 (0Fill)】

シーケンシャルアクセス、ランダムアクセスとも有意な差は見られず、「M9Pe」シリーズは圧縮率の影響がないSSDと結論づけられる。そこで以降のテストは「デフォルト (ランダム)」のみに絞って行うことにした。

「CrystalDiskMark 6.0.0」のパフォーマンスをチェック

続いて「CrystalDiskMark 6.0.0」を使い、データサイズによる違いと、ランダムアクセスを中心に性能を確認していこう。なおデータサイズは50MiB~32GiBまで、用意されている9つすべてのプリセットで測定を行っている。

M9pe_211_crystal_50_402x367 M9pe_212_crystal_100_402x367
【50MiB】 【100MiB】
M9pe_213_crystal_500_402x367 M9pe_214_crystal_1g_402x367
【500MiB】 【1GiB】
M9pe_215_crystal_2g_402x367 M9pe_216_crystal_4g_402x367
【2GiB】 【4GiB】
M9pe_217_crystal_8g_402x367 M9pe_218_crystal_16g_402x367
【8GiB】 【16GiB】
M9pe_219_crystal_32g_402x367 【32GiB】
M9Pe_001_4K_620x250
M9Pe_002_4KQD8_620x250a
M9Pe_003_4KQD32_620x250

シーケンシャルアクセスは、読込が最高3,204MB/sec、書込が最高2,138MB/secで、いずれもわずかながら公称値を上回るスコア。キャッシュの効きが悪くなるためか16GiB以降では若干スコアが低下するものの、このクラスのデータをやり取りする機会はほとんどなく、一般的な用途であればシングルSSD最高峰の転送速度が期待できる。

またランダムアクセスは、4KiB Q1T1は読込最高71MB/sec、書込最高190MB/sec、最も高速な4KiB Q16T16では読込最高1,620MB/sec、書込最高1,223MB/secを計測。IOPSに換算すると最高値は読込約395,800 IOPS、書込約298,600 IOPSで、こちらもほぼ公称値に通りのパフォーマンスを発揮する。

totop