エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.629

予想を裏切る高性能。DRAMキャッシュレスのエントリーSSD、Colorful「SL500 640G」

2018.01.17 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD

Colorful「SL500 640G」の実力を各種ベンチマークでチェック

主要コンポーネントは、コントローラと1枚のNANDフラッシュのみというかなり変則的な構成のColorful「SL500 640G」。ここからは各種ベンチマークを使い、その気になるパフォーマンスをチェックしていこう。テストプラットフォームには最新のCoffee Lake環境を用意。ベンチマークは「AS SSD Benchmark 1.9.5986.35387」「CrystalDiskMark 6.0.0」「HD Tune Pro 5.60」「ATTO Disk Benchmark 3.05」の4種類で、PCの起動は、別途ドライバとベンチマークソフトをインストールしたシステム用SSDから行っている。なお検証機材の詳細については以下の「テスト機材構成表」を参照頂きたい。

SL500_002_testSpec_600x241

「AS SSD Benchmark 1.9.5986.35387」で基本性能をチェック

ベンチマークのスタートは「AS SSD Benchmark 1.9.5986.35387」を使い、基本的な性能を確認していこう。

sl500_101_asssd_499x469
AS SSD Benchmark 1.9.5986.35387:総合ベンチマーク
sl500_102_asssd_793x473
AS SSD Benchmark 1.9.5986.35387:Compression-Benchmark

総合ベンチマークを確認すると、Seqは読込約500MB/sec、書込約450MB/secで、SATA3.0(6Gbps)SSDのハイエンドモデルと比較しても遜色のないスコア。4K-64Thrdランダムアクセスは読込が約183MB/secで少々足を引っ張るものの、書込は300MB/secを超えこちらもまずまず。総合スコアも844ポイントをマークし、エントリーモデルとしては十分な性能を発揮する。

また「Compression-Benchmark」を確認すると、読込は500MB/sec前後でほぼフラット、書込はやや揺れ幅があるものの圧縮率には無関係なことから、シーケンシャルアクセスについては圧縮率の影響は受けないことがわかる

totop