エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.591

これで全てが分かる。Antec「P8」徹底解説

2017.08.15 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Antec(本社:アメリカ カリフォルニア州)国内正規代理店である、株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)より、新作ミドルタワー「P8」が届けられた。「COMPUTEX TAIPEI 2017」に合わせて開催された展示会で初披露。レポート記事には多くのアクセスを集め、国内市場におけるAntec人気の高さを再認識させられた。今回は強化ガラス製サイドパネルを採用。「P9」の弟分としてはやや毛色が異なる新作「P8」をじっくり検証してみたい。

ちょっと路線が異なる「Performance One」シリーズの新作

あまり知られていないかもしれないが、AntecのPCケースラインナップには、シリーズ毎に細分化されている。中でも自作PC史上に残る名機「P180」が属する伝統の「Performance One」シリーズは、Antecのブランドを一気にメジャーに押し上げた特別な存在。時の静音ブームを牽引した「P180」以降、多くの派生モデルを輩出し、今なお脈々と受け継がれている。
 そして今回の主役「P8」もまた、「Performance One」シリーズから生み出された新作だが、なにやらずいぶんと様変わりした印象だ。

p8_01_1024x768
Antec「P8」 市場想定売価税込9,700円(2017年8月中旬発売)
製品情報(Antec)(株式会社リンクスインターナショナル

従来の「Performance One」の路線とは異なる「P8」の特徴は、シリーズ初となる強化ガラス製サイドパネルを採用。さらにトップパネル部は、ほぼ全面にわたり通気孔仕様とし、冷却性能を重視した。想定売価税抜1万円を切る価格設定も、大きなトピックとなるだろう。そんな新作「P8」をじっくり検証していきたい。

スペック表に見る「P8」

評価サンプルをパッケージから取り出す前に、例によってスペック表から「P8」の概要を掴んでおこう。対応フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITXで、最も流通量の多いミドルタワーPCケースにカテゴライズ。素材にはスチールとプラスチック、さらに強化ガラスを使用。外形寸法は幅が210mm、奥行きが470mm、高さが443mmで、ごく一般的なサイズに収められている。

antecp8_05_1024x768
「COMPUTEX TAIPEI 2017」開催に合わせて行われた、Antecプライベートブースで披露。すでに量産体制に入る頃で、ほぼ当初のスケジュール通り国内市場にも投入された

なお詳細なスペックについては、検証を進めながら詳しく解説していこう。ちなみにドレスアップ要素を考慮した装備品として、前後合わせて3基のホワイトLED内蔵120mm口径ファンが搭載済み。サイドパネルに強化ガラスを採用するとあって、「Performance One」シリーズにも”魅せる要素”が考慮されるようになった。

totop