エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
モバイルXeon搭載のMini-ITXマザーボード、Advantech「AIMB-242」
胸ポケットに収まる、スリムサイズのポータブルSSD「SSD-PLU3」がバッファローから
COMMELL、デュアルギガビットLANを備えたApollo Lake搭載のPico-ITXマザー「LP-177」
売価約70万円のウルトラハイエンドPC、ASUS「ROG GT51CH」が28日より発売開始
CORSAIR、一部オールインワン型水冷ユニット向け「AM4アップグレードキット」を無償配布
ASUS、A320チップ採用のRyzen対応MicroATXマザーボード「PRIME A320M-K」
ZOTAC、最高クラスのOC版 GTX 1080カード「GeForce GTX 1080 AMP Extreme+」今週発売
Astell&Kern「AK70」の限定プレミアムカラー2モデルが4月29日発売
MSI、「Optane Memory」バンドルのIntel 200シリーズマザーボード「OPT BOOST」計3モデル
Intel、3D XPoint採用のM.2 SSDキャッシュ「Optane Memory」発売開始。価格は44ドルから

HOTNEWS
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
3機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
4特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 一点突破
Thermaltake「Engine 27」がかなり気になる

「Engine 27」の単純なる搭載手順

CPUクーラーの検証記事では、比較的大きく尺を割くマザーボードへの搭載手順。しかし「Engine 27」は数点の画像と、わずかなテキストを添えるだけでいいだろう。
 Intel LGA115x系のみに対応する事もあり、搭載方法は至極単純。ベースプレートの延長にある4本のバネネジをマザーボードの穴に通し、付属のバックプレートにネジ留めする。この間、CPUにグリスを塗る作業があるものの、これは説明するまでもないだろう。このように「Engine 27」は、プラスドライバーさえあれば、わずかな作業時間で搭載は完了できる。

付属のグリスは注射器タイプ。付属マニュアルのイラストも1コマのみで、搭載が完了してしまう

若干付け加えると、バネネジのテンションが強い点には注意したい。バックプレートへのネジ留めには上から押しつける力が必要になるが、誤ってドライバーを滑らせると、マザーボードに傷を付ける可能性がある。PCケースのCPUクーラーメンテナンスホールを利用しての作業は避け、できればマザーボードを一旦取り外して確実にネジ留めを行いたい。

バネネジのテンションはきつく、バックプレートへの固定は多少手間取るかもしれない。なおバネネジのヘッド部は、ドライバーが滑らないよう段差が設けられている
ネジ留め作業は、対角に締め付けて行くのがセオリー。テンションが高いネジだけに、手順を守ろう

一応でしかない、メモリスロットクリアランスを確認

次にメモリスロットクリアランスをチェックしておこう。とは言え、画像を見れば説明はほぼ不要。搭載テストには、LGA1151のASRock「H170 Performance」を使用しているが、隣接するメモリスロットには一切干渉しておらず、大型ヒートスプレッダ付きメモリとの共存はなんら心配はない。

検証用マザーボードASRock「H170 Performance」では、メモリスロットへの干渉は一切ナシ。組み合わせるメモリの選択に気遣いは無用だ

ただし1点付け加えておく必要がある。12月9日より販売が開始され、評価サンプルのファーストインプレッションが届き始めた頃、秋葉原のとあるPCパーツショップから、人気のASRock「DeskMini 110」では周辺コンデンサに干渉し、装着ができないという申告があった。人気ベアボーンとあって、搭載を予定していたユーザーにはネガティブな情報だが、「DeskMini 110」採用マザーボードはMini-STX規格だけに、スロット周辺のレギュレーションによる違いがあるのだろう。

次は...  Thermaltake「Engine 27」の冷却性能

1 2 3 4 5 6

←前頁このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us