エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【ギークの殿堂 Vol.031】Androidスマホ史上最高の感動をありがとう!美しく最強な「Mi Mix」を手に入れたぞ
【コレオシ Vol.1418】「Tegra X1」搭載の最新Androidゲーム機「SHIELD PRO」あります
2月20日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
RGB LED対応のCherry赤軸搭載ゲーミングキーボード、Ozone「SPECTRA」シリーズ
GTX 10シリーズ標準の「PSO2:設定6」推奨デスクトップPC計4モデルがLEVEL∞から
iiyamaPC、STYLE∞からKaby Lake標準の15.6型フルHDノートPC計3機種発売
ケーブル不要。どこでも使える充電式Cube型ポータブルプロジェクターがサンコーから
4系統のディスプレイ出力を搭載するIntel Q270マザーボード、ASUS「Q270M-C/CSM」
「おすそわけ充電」対応の8インチLTEタブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ」、J:COMから発売
11台の3.5インチドライブを同時コピーできるデュプリケーター、Addonics「Jasper II 11S」

HOTNEWS
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
● これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説
3細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
4NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
5「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談

Home > レビュー > 撮って出し
期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.529

期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証


2016年12月5日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 信頼性第一を旨とする電源ユニットにおいて、まさに“王様”といえるブランドがSea Sonic Electronics(本社:台湾)だ。ヘビーなマシンを動かすエンスージアストはもちろん、ショップスタッフからの支持も厚く、長年同ブランドの製品を愛用するユーザーも少なくない。
 そのSeasonicから、10月末に新たな最高峰モデル「PRIME」シリーズが発売。久しぶりの電源レビューで取り上げるのは、老舗が満を持して投入する80PLUS TITANIUM認証の自信作だ。
Seasonic「SSR-750TD」 実勢売価税込35,500円前後
製品情報(株式会社オウルテック

あのSeasonicから、ついにTITANIUM認証モデルが登場

高品質な電源ブランドとして、コアなユーザーに人気のSeasonicから登場した、初のTITANIUM認証モデル「PRIME」シリーズ。電源ユニットとしては珍しくグラフィックスカードと並べて展示されるなど、店頭での注目度も高い

圧倒的な信頼性の高さから長く自作ユーザーに親しまれてきたSeasonicから、初の80PLUS TITANIUM認証モデルとして発売された電源ユニットが「PRIME」シリーズだ。システム負荷50%の環境下において94%の電力変換効率を発揮する最高効率の製品群で、容量は650W / 750W / 850Wの3モデルをラインナップ。価格は最小容量でも3万円オーバーとさすがの貫禄だが、まさに最高のブランドから登場した最高峰の電源ユニットとあって、リリース時点から大きな注目が集まったのは記憶に新しい。発売から約1ヶ月が経過した現在でも、高額モデルながら売れ行きは好調のようだ。

圧倒的な信頼性から、ショップスタッフを対象としたリサーチでは使用ユーザー数第1位。コストより品質を重視するユーザーにとって、Seasonicは特別なブランドだ

ちなみに、以前にパーツ系ショップスタッフを対象に実施した電源ユニットリサーチ(エルミタ的リサーチ Vol.16 秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「使用中の電源ユニットを教えてください」)において、最も使用ユーザーが多かったブランドがSeasonic。パーツ選びのプロであるショップスタッフの高い支持は、信頼性に対するこれ以上ない評価といえる。その新たな最高峰シリーズとは、いったいどのような製品なのだろうか。

TITANIUM認証の3モデルをラインナップする「PRIME」シリーズだが、「COMPUTEX TAIPEI 2016」ではさらに多くの製品が参考展示されていた。他の認証モデルはじめ、派生モデルの発売もあるのかもしれない
次は...  新機軸の内部設計が光る、Seasonicの自信作「PRIME」シリーズ

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us