エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.510

サイズも性能も妥協しない。新世代“Mini-STX”の超小型マシン、ASRock「DeskMini 110」

2016.08.30 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

機能満載なMini-STX対応マザーボード「H110M-STX」

「DeskMini 110」に搭載されているのは、執筆時点で唯一のMini-STX対応マザーボードとしてリリースされている、ASRockの「H110M-STX」だ。チップセットはIntel H110を搭載し、DDR4-2,133MHzに対応するSODIMM×2、Ultra M.2×1、SATA3.0(6Gbps)×2、通信モジュール用のM.2×1(Type-2230 / Key E)などを実装している。

ASRockからマザーボード単体でもリリースされている、Mini-STX対応モデル「H110M-STX」
基板上でかなりの面積を占有しているLGA1151ソケット。TDP最大65WまでのSkylake世代CPUが搭載できる ソケット脇に実装されている、電源回路用のヒートシンク
電源回路はボード上下に実装、ヒートシンクはそれらをサンドイッチするようにネジ止めされていた
CPU周りの電源回路は3フェーズ構成
Intelの廉価版チップH110を搭載。低発熱チップのため、ヒートシンクなどは装着されていない。なお、すぐ脇に実装されているのはM.2固定用のネジだ
DDR4-2,133MHz対応のSO-DIMMスロット。2基で最大32GBに対応する PCIe3.0(x4)接続のUltra M.2(Type-2280)と、通信モジュール用のM.2(Type-2230 / Key E)
ネットワークチップは、ギガビット対応のIntel「I219V」を実装している
Realtek製オーディオデコーダIC「RTD2168」 Winbond製のSPIフラッシュ「25Q64FVSIQ」
Nuvoton製I/Oコントローラ「NCT5567D-B」
CPUクーラー用の4pinコネクタ。なお、ソケット近くには産業用と思われる5pinタイプも実装されていた
マザーボードの裏面をチェック。限られたボード面積を有効活用するため、こちら側にも複数のチップやコネクタが実装されている
ケーブル引き出しタイプのSATAコネクタ。きちんと上下の向きがあるため、接続時にはよく確認しておこう 待機電力を供給する、CR2032タイプのボタン型電池
Realtek製のオーディオチップ「ALC283」も基板裏に実装されていた Richtek Technology製のPWMコントローラ「RT3606BC」
totop