エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
セカンドディスプレイやデュアルカメラ、クアッドDAC内蔵の防水ハイエンドスマホ「LG Q8」が欧州で発表
入力遅延を抑える「GameFast」対応のゲーマー向け24型フルHD液晶、ASUS「VG245H」
約18年前に製造された、IBMの新品SCSI HDDが箱ごと発掘。保証付き税込4,980円で販売中
4枚のNVMe M.2 SSDを搭載できるRAID拡張カード、Highpoint「SSD7101A-1」28日発売
Riotoro、静音メンブレンキー採用のゲーミングイルミーネーションキーボード「Ghostwriter Classic」
プレデターみたいにスマホを装着できる、カッコイイ「スマホ用グローブ」が発売に
家中に電波を届けるメッシュWiFi環境を手軽に構築できる無線LANシステム「Lyra」がASUSから
COMMELL、TDP15Wの省電力プロセッサKaby Lake-U搭載Mini-ITXマザーボード「LV-67T」
22コア/44スレッドなど「Xeon Gold」シリーズの販売がスタート。LGA 3647対応CPUクーラーも同時入荷
ゲーミングマウスとキーボードが週明け月曜まで特価【パソコンショップアーク】

HOTNEWS
● 80PLUS認証電源の製造数トップのFSP、ゲーマー向けGOLD電源「Hydro G」は買いか
● 最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」
● ミドルレンジ並の価格にハイエンドの機能を凝縮。X299マザーの決定版ASRock「X299 Taichi」
● Ryzenゲーミングマザーボードの人気ミドルレンジ、MSI「B350 TOMAHAWK」徹底検証
● 別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証


1「16コア、欲しいですね」(7/16)・・・某ショップ店員談
280PLUS認証電源の製造数トップのFSP、ゲーマー向けGOLD電源「Hydro G」は買いか
3最強性能を極上イルミネーションで魅せる。贅沢極まるX299マザー、GIGABYTE「X299 AORUS Gaming 9」
4別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証
5「入荷数はかなり少ない」(7/23) ・・・複数ショップ店員談

Home > レビュー > 撮って出し
サイズも性能も妥協しない。新世代“Mini-STX”の超小型マシン、ASRock「DeskMini 110」
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.510

サイズも性能も妥協しない。新世代“Mini-STX”の超小型マシン、ASRock「DeskMini 110」


2016年8月30日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 日本でも愛好家が多いスモールフォームファクタの世界に、先ごろ注目の新規格「Mini-STX」が登場した。5インチ角のボード上にデスクトップCPUがそのまま搭載できるという、超小型PCの常識を覆す新フォームファクタだ。そしてその関連製品の第一弾として発売されたのが、ASRock Incorporation(本社:台湾)のベアボーンキット「DeskMini 110」(型番:DeskMini 110/B/BB)。その大きさはなんと電源ユニットサイズというから、実にワクワクさせられる。この小さなボディにどれほどのポテンシャルが詰まっているのか、早速検証といこう。
ASRock「DeskMini 110」(型番:DeskMini 110/B/BB)
実勢売価税込16,800円前後
製品情報(ASRock Incorporation

Mini-ITXより小さく、NUCよりパワフルな新規格「Mini-STX」

COMPUTEXにて関連製品が正式にお披露目された、小型フォームファクタの最新規格Mini-STX。Mini-ITXより小さなボードにデスクトップCPUを搭載可能で、NUCのパフォーマンス不足も解決できる

超小型PCの新たな可能性として颯爽と登場したMini-STXは、Intelが提唱する5インチ角(約127mm)の最新フォームファクタだ。Mini-ITXからさらに基板サイズが縮小されたにも関わらず、ボード上にはLGA1151ソケットを備え、デスクトップCPUがそのまま搭載できる。PCI-Expressなどの拡張スロットをオミットし、メモリにSO-DIMMを使用することで一回り小型になったというイメージだ。

また、Mini-ITXより小さなコンパクトPCといえばNUC(とそれに準拠するモデル)が代表的だが、省電力CPUオンボードのNUCはパフォーマンスがやや控えめ。さらにCPUが換装できないため、将来的なアップグレードの手段がないというデメリットがあった。そうした弱点を一挙に解決する、新たな選択肢がMini-STXというワケだ。

Mini-STX製品第一弾、山盛り仕様な高性能ベアボーン「DeskMini 110」

もっとも規格化が端緒についたばかりとあって、第一弾の関連製品はベアボーンキットからの投入となった。それがASRockから発売された「DeskMini 110」だ。容量わずか1.92リットルの小型筐体を採用、大きさは一般的なATX電源ユニットとほぼ同等という、Mini-STXの精神を体現するサイズ感を実現している。

Mini-STX製品の第一弾モデルとして登場したのが、今回の主役「DeskMini 110」。ATX電源と同等の1.92リットル筐体を採用、サイズからは想像できないほどの拡張性を秘めている

Intel H110ベースの製品で、TDP最大65WまでのSkylake世代CPUに対応。CPUクーラーはIntelのリテールクーラーがそのまま流用できる。メモリスロットはDDR4-2,133MHz×2(SO-DIMM / 最大32GB)、ストレージは特殊ケーブルを使用するSATA3.0(6Gbps)×2と、PCI-Express3.0(x4)接続のNVMe対応Ultra M.2(Type-2280 / 32Gbps / ※SATA接続非対応)を実装。ケース内部には2基の2.5インチベイを備え、このサイズで高速ストレージのM.2 SSDと2.5インチドライブ×2が搭載できてしまう。ちなみにこのUltra M.2スロットは、チップセット経由の一般的なスロットよりも高速なCPU直結駆動。メーカー公称では、7%の性能向上が期待できるとしている。

そのほか、ネットワークはIntelチップのギガビットLANを装備。拡張用のM.2スロット(Type-2230 / Key E)を使用すれば、Wi-Fi+Bluetoothモジュールを増設することもできる。

本体パッケージもベアボーンとしては小型で、外形寸法はW295×D125×H205mm。内部には、SATA用の特殊ケーブルやネジ類、ドライバCDが同梱されている

すでに山盛り状態な仕様だが、インターフェイスの充実ぶりも要チェック。ディスプレイ出力は、DisplayPort×1、HDMI×1、D-Sub×1の3系統を備え、デュアルディスプレイの構築も可能だ。USBは合計4ポートを実装、内1ポートは最新デバイス向けのUSB3.0 Type-C。なお電源には、付属の120W(19V)ACアダプタを使用する。

「Deskmini 110」シリーズには、他にも法人向けモデルの「DeskMini 110/COM」をラインナップ。いまだ根強い需要をもつCOMポートを背面に搭載している

次は...  ATX電源クラスのコンパクトボディを眺める

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us