エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【コレオシ Vol.1402】オレの腕時計が“スマートウォッチ風”に変身する、便利で安い「ウォッチブル」
高耐久フルスチールフレーム採用のゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」2月3日発売
UQ mobile SIMも使える、au 4G LTE対応の激安中古モバイルルーター【イオシス アキバ中央通店】
1月19日(木)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
曲ごとにオートで区切る、サンコー「PC不要!自動で曲間分割するMP3変換プレイヤー」
ラトック、3.5インチHDD対応の2ベイRAIDケース「RS-EC32-U3」シリーズ
読込10GB/secのPCIe3.0対応NVMe SSD、Seagate「Nytro XP7200」正式発表
Innodisk、世界最小のSSD向けRAIDソリューション「iRAID」シリーズ
テレビ音声も聞けるFM/AMハンディラジオ、ロジテック「LRT-1SA01P」発売
フルハイビジョン録画に対応するネットワークカメラ、プラネックス「カメラ一発!」

HOTNEWS
● Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
● “2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
● 独自機能で武装した新ハイエンドゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING M7」検証
● ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」
● Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック


1Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
2「問題はCPU」(1/14) ・・・複数関係者談談
3“2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
4Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック
5ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」

Home > レビュー > 一点突破
サイズ「KABUTO 3」検証
エルミタ的一点突破 Vol.40

サイズ「KABUTO 3」検証


2016年4月28日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕 / 池西 樹
RSS
 株式会社サイズ(本社:東京都江戸川区)がこのほどリリースした、オリジナルCPUクーラー「KABUTO 3」(型番:SCKBT-3000)が今回の主役。シリーズ3代目へと進化した、最新トップフロー型CPUクーラーその真価を問う。

シリーズ3代目へと進化した「KABUTO 3」

4月末より出荷が開始される、株式会社サイズのオリジナルCPUクーラー「KABUTO 3」(型番:SCKBT-3000)。同じくサイズブランドの「グランド鎌クロス3」(型番:SCGKC-3000)に肩を並べる、トップフロー型CPUクーラーの看板モデルの最新作だ。両者の大きな違いは「グランド鎌クロス3」の全高147mmに対し、「KABUTO 3」は125mmに抑えられ、より汎用性が高められている。
 その外観から、オーソドックスなトップフロー型と思われるかもしれない。しかし細部をよく見ていくと、ヒートパイプのチョイスから、受熱ベース部の設計、さらに搭載ファンのスペックなど、サイズらしいこだわりが詰め込まれた製品である事が分かる。

「KABUTO 3」(型番:SCKBT-3000) 市場想定売価税抜4,980円
製品情報(株式会社サイズ

本題に入る前に、まずは歴代モデルを簡単に振り返っておこう。初代「KABUTO」(型番:SCKBT-1000)は、2009年3月リリース。全高133mmで、φ6mmヒートパイプは6本を使用。冷却ファンには120mm口径の「KAZE-JYUNI」(PWM)をマウントし、受熱ベース上部には大型ヒートシンクが搭載されていた。
 さらに2代目「KABUTO 2」(型番:SCKBT-2000)は、2012年8月にリリース。全高140mmで、同じくφ6mmヒートパイプを6本使用。搭載ファンは「隼120」(PWM)となり、受熱ベース部上のヒートシンクは、初代ほど大型ではない小型タイプに進化している。

このように、ここまで約3年おきにフルモデルチェンジを果たしている「KABUTO」シリーズ。基本コンセプトは変わらず、受熱ベースからヒートパイプ6本が伸び、ヒートシンクを側面から支える構造。120mm口径ファンをマウントさせる事で、マザーボード上の各コンポーネントの冷却効果も期待されている。

「KABUTO」(型番:SCKBT-1000 / 2009年3月発売) 「KABUTO 2」(型番:SCKBT-2000 / 2012年8月発売)

いずれも当時の自作市場では評価され、実際に購入したユーザー以外からも、その存在は知られる「時の代表作」として記憶されている「KABUTO」シリーズ。その最新作への期待は否が応でも高まるばかりだ。

「KABUTO 3」の外装パッケージ。寸法は公称値W143×D165×H210mmで、付属品を含めた全体重量は1,030gとされる

スペック表に見る「KABUTO 3」

サイズから借り受けた評価サンプル、その実機をいじり倒す前にスペック表から「KABUTO 3」の概要を把握しておこう。まず対応フォームファクタは、Intel系はLGA775 / 1150 / 1151 / 1155 / 1156 / 1366、AMD系はSocket AM2 / AM2+ / AM3 / AM3+ / FM1 / FM2 / FM2+。ここで気が付かなければならないのは、Intel LGA2011および2011-v3は非対応である事。多くのCPUクーラーがユニバーサル対応だけに、モデル選定時には注意しよう。なお対応TDP表記は無いものの、Intel Haswell(LGA1150)、AMD Kaveri(FM2+)の最新プロセッサへのサポートは明記されている。
 外形寸法は、冷却ファンを含め高さ125mm、幅130×149mmで、全体重量は720g(冷却ファン含む)とされる。ちなみに初代は730g、2代目は695gだった。また搭載される冷却ファンは120mm口径。新設計とされる「隼120」のPWMモデルがチョイスされている。その他詳細スペックは以下通りで、この後細部のチェックを開始しよう。

次は...  サイズ「KABUTO 3」外観スタイルチェック

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us