エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
サイズも性能も妥協しない。新世代“Mini-STX”の超小型マシン、ASRock「DeskMini 110」
【バイヤー林懐寧のスマホ羅針盤 Vol.039】話題の中心はデカイスマホ!?8月後半の注目スマホBEST 3
【コレオシ Vol.1329】絶妙サイズで薄くて軽い、デキる男のUltrabookあります
8月29日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
アクリルトップのGTX 1080/1070対応ウォーターブロック、Koolance「VID-NX1080 Acrylic」
Samsung、1ms/144Hz駆動の曲面ゲーミング液晶「CFG70」シリーズなど計3モデル
BIOSTAR、高品質6層基板採用の2.5インチSATA3.0 SSD「S100」シリーズ
載せるだけで、いつのもデスクがスタンディングデスクに。昇降機能付きPCデスクがサンコーから
適度な厚みで持ちやすい、キャリーケース型iPhone 6シリーズ用ケースが上海問屋から
「WINDFORCE 2X」搭載の3GB版GTX 1060 、GIGABYTE「GeForce GTX 1060 D5 3G」

HOTNEWS
● サイズも性能も妥協しない。新世代“Mini-STX”の超小型マシン、ASRock「DeskMini 110」
● AMDファン待望。完成度の高いオリジナルRX 480、PowerColor「Red Devil Radeon RX 480」
● 想像以上に使える、汎用性抜群な上海問屋の6インチ液晶自作キットをいじり倒す
● これで全てが分かる。 Aerocool「DS 230」徹底解説
● 秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「使用中の電源ユニットを教えてください」


1想像以上に使える、汎用性抜群な上海問屋の6インチ液晶自作キットをいじり倒す
2これで全てが分かる。 Aerocool「DS 230」徹底解説
3AMDファン待望。完成度の高いオリジナルRX 480、PowerColor「Red Devil Radeon RX 480」
4秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「使用中の電源ユニットを教えてください」
5限りなくコンパクトなハイエンドマシンが組める、ThermaltakeのスリムATXケース「Core G3」登場

Home > レビュー > 撮って出し
10GB/secオーバーも狙えるPlexTurbo対応エントリーSSD、PLEXTOR「M6V」シリーズ
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.441

10GB/secオーバーも狙えるPlexTurbo対応エントリーSSD、PLEXTOR「M6V」シリーズ


2015年9月18日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 初代SATA3.0(6Gbps)SSD「M2S」シリーズ以来、Marvell製コントローラを使い続けてきたPLEXTORから、初のSilicon Motion製コントローラを採用するエントリーSSD「M6V」シリーズが登場した。
 これまでもICやNANDフラッシュに最適化した独自ファームウェアと、厳密なテストにより安定性と性能を両立してきた同ブランド。コストパフォーマンスを重視したエントリーモデルとはいえ、同等の品質が維持されているのか気になるところ。そこで今回は国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)より、256GBモデル「PX-256M6V」を借り受け、その気になるポテンシャルを徹底的に検証する。
「M6V」シリーズ「PX-256M6V」(256GB)
市場想定売価11,000円前後(発売中)
製品情報(PLEXTOR

PLEXTOR「M6」シリーズの末弟モデル「M6V」

これまでPCI-Express接続のフラッグシップモデル「M6e」(Black Edition含む)を筆頭に、ハイエンドモデル「M6 Pro」、メインストリームモデル「M6S」、計3種の「M6」シリーズSSDを紹介してきた。そして今回検証を進めるのが末弟にあたるエントリーモデル「M6V」だ。

基板デザインは「M6 Pro」「M6S」のいずれとも異なり、「M6V」向けに新たに設計されているようだ

HDDからの代替を狙うコストパフォーマンスを重視した製品で、コントローラにはPLEXTORブランド初のSilicon Motion「SM2246EN」を採用。NANDフラッシュは東芝製15nm Toggle MLC NANDで、独自カスタマイズした専用ファームウェアを導入することで、パフォーマンスを最適化。さらに従来通りの厳しい生産基準と、厳密なバーンインテストを実施することで、安定した品質と高い耐久性を実現している。

Silicon Motion製コントローラ「SM2246EN」と東芝製15nm Toggle MLC NANDフラッシュを搭載する

容量ラインナップは128GB、256GB、512GBの3モデル展開。公称転送速度は容量により異なるが、今回検証する256GBモデル「PX-256M6V」では、シーケンシャル読込535MB/sec、書込335MB/sec、ランダム読込83,000 IOPS、書込80,000 IOPS。最新のハイエンドモデルに比べるとややシーケンシャル書込は低めに設定されているが、HDDの代替としては十分なパフォーマンス。さらに「M6V」では、PCのメインメモリの一部をSSDキャッシュとして利用する、インテリジェントキャッシュ技術「PlexTurbo」に対応するため、パフォーマンスを大幅に引き上げることができる。なお各モデルの詳細スペックは以下の通り。

「CrystalDiskInfo 6.5.2」の結果。インターフェイスはSATA3.0(6Gbpps)で、S.M.A.R.T.、NCQ、TRIMに対応する

次は...  アルミニウム製の軽量筐体を採用する「M6V」シリーズ

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us