エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.419

これで全てが分かる。Antec「S10」徹底解説

2015.06.20 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「S10」のケーブルマネジメント機構

次にケーブルマネジメント機構を見ていこう。大型PCケースはハイエンド志向のパーツが搭載でき、複数のストレージが搭載できるという利点がある。搭載パーツ数が増えるという事は、接続するケーブルの本数も増えることを意味し、ケーブルマネジメント機構の重要度は高い。

マザーボードトレイ背面側をチェック。ボトム搭載の電源ユニットから各パーツまでの距離が長いため「余ったケーブルのやり場に困る」というよりも、「短くて届かない」という心配がある
要所にシリコングロメットを装着したスルーホールを装備。タイラップを固定するフックも用意されており、結束バンド等を上手に使えばキレイに裏配線ができるだろう
裏配線スペースは公称20mm。実測ではそれ以上の数値を確認。「フロントHDDチャンバ」と「ボトムPSUチャンバ」間には”配線用通路”が設けられており、チャンバ間のケーブルアクセスはすこぶる良好

Antec「S10」付属品総点検

外装まわりから内部構造まで、一通りのチェックを終えたところで付属品の全てを紹介しよう。「S10」の付属品は、ネジ類のみジッパー袋に収められ、その他はひとまとめに白箱に詰め込まれている。なお現状手元には付属品の名称や同梱数が分かる資料がない。従来であれば付属品名称はマニュアル準拠としているが、ここでは一般的な呼び方で解説する。

3.5インチHDD専用のプラスチック製「3.5インチ用ドライブレール」は6個付属 片側L型ラッチ付きのSATAケーブル(800mm)は4本付属
結束用タイラップ マザーボード固定用ネジ
ラジエターなどを固定する際に使用する汎用ネジ ワッシャー付きミリネジ
冷却ファンを固定するテーパーネジ 電源ユニットを固定するインチネジ
マザーボードの台座となるスタンドオフ
totop