エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.415

Mini-ITXサイズで究極を目指す、ASRock「X99E-ITX/ac」は新世代の“変態マザー”

2015.05.21 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 小型なMini-ITXフォームファクタに究極のパフォーマンスを詰め込もうという、なんとも野心的なマザーボードがASRock Incorporation(本社:台湾)から登場した。Mini-ITXモデルでは世界初、LGA2011v3対応マザーボードの「X99E-ITX/ac」が今回の主役だ。尖った要素に高水準な価格帯と完全な玄人向け仕様ながら、店頭での売れ行きは絶好調。いったいどんな1枚なのか、早速その素性を確かめてみよう。
ASRock「X99E-ITX/ac」 実勢売価38,660円前後
製品情報(マスタードシード株式会社

小型フォームファクタ最強、世界初のLGA2011v3対応Mini-ITXモデル「X99E-ITX/ac」

まさにこうしたモデルが待ち望まれていたということだろう。ASRockからデビューした、LGA2011v3対応のMini-ITXマザーボード「X99E-ITX/ac」が市場で話題を呼んでいる。ハイエンドCPUのHaswell-E/Haswell-EPをサポートし、最大36スレッドのXeon E5-2699v3も搭載できる世界初のMini-ITXモデル。他メーカーにはない唯一無二の仕様とあって、4月末の発売時には各店で即完売。その勢いは初回だけに留まらず、それ以降も再入荷と完売を繰り返す人気モデルになっている。

発売されるやいなや、即完売の品薄状態になったASRock「X99E-ITX/ac」。Haswell-E/Haswell-EPが搭載できる、世界初のMini-ITXモデルとして一躍話題をさらった

そしてパワフルなCPUが搭載できるだけでなく、170mm角のサイズに最新規格のインターフェイスを詰め込んだ“全部入り”仕様も魅力だ。帯域幅32GbpsのUltra M.2(PCIe3.0×4)SATA Expressなどのストレージ周りに始まって、USBの最新規格USB3.1やIntelチップによるデュアルギガビットLANを実装。さらに付属のモジュールを装着すれば、IEEE802.11acの無線LANとBluetooth 4.0にも対応するなど、上位フォームファクタもかくやという高い拡張性を誇る。

Mini-ITXとは思えない多彩な搭載機能。高速M.2やSATA Express、USB3.1やデュアルギガビットLANなど、まさしく最新規格の“全部入り”仕様だ

そうしたインターフェイスと巨大なLGA2011v3ソケットを共存させるため、ASRockはボード上のレイアウトにも一工夫。“縦挿し”タイプのminiPCI-Expressスロットを実装するなどスペースの有効活用に励む一方、CPUクーラーも通常とは異なる「Narrow ILM」タイプが採用された。そのため、「X99E-ITX/ac」には専用のロープロ仕様クーラーがパッケージに同梱されている。あらゆる意味で“規格外”なMini-ITXマザーボードなのだ。

Mini-ITXとは思えない大型のパッケージを採用、実測による外形寸法はW325×D95×H215mm。マザーボード本体や通常の付属品のほか、「Narrow ILM」タイプのCPUクーラーが同梱されているのがその理由だ

totop