エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.254

普及価格帯をリードする魅惑のゲーミングマザーASRock「Fatal1ty H87 Performance」

2013.08.02 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 ハイエンドユーザー向けの印象が強かったゲーミングマザーボードだが、PCゲーム市場の活況もありユーザーニーズが多様化。近頃はローエンドからミドルレンジクラスの製品も数多く投入されている。
 今回取り上げるASRock「Fatal1ty H87 Performance」も、そんな普及価格帯に投入されたゲーミングマザーボードのひとつ。機能を厳選することで、安定性や耐久性を損なうことなく低コストを実現したという、その出来映えをじっくりとチェックしていこう。
Fatal1ty H87 Performance
ASRock「Fatal1ty H87 Performance」 実勢価格13,000円前後
製品情報(ASRock/マスタードシード

ゲーミングマザーの裾野を広げるコストパフォーマンスモデル「Fatal1ty H87 Performance」

世界的に著名なプロゲーマー“Fatal1ty”氏との共同開発を謳う、ASRock製ゲーミングマザーボード「Fatal1ty」シリーズ。ハイエンドの一角を担う製品ということもあり、これまでは豪華装備の高級モデルを中心にラインナップされていた。しかし、PCゲーマーの増加に伴ない、マザーボードに対する要求も多様化。より低価格な製品を望む声が徐々に大きくなってきた。そんなユーザーの声に応えるべく、ASRockからリリースされたのが今回紹介する「Fatal1ty H87 Performance」(以下:H87 Performance)だ。

Fatal1ty H87 Performance 先日開催されたユーザー参加イベントでは、ASRock台湾本社マーケティング本部長Chris Lee氏も「Fatal1ty H87 Performance」のコストパフォーマンスの高さをアピールしていた

チップセットにはミドルレンジのIntel H87 Expressを採用し、ゲーミングマザーボードとしては最安クラスの価格を実現。一方で、日本メーカー製導電性高分子コンデンサや高密度電源コネクタ、さらにデジタルPWMによる8フェーズ電源回路など、ゲームPCで重要な安定性や耐久性にも十分配慮されている。加えて、下位チップセットで省略されているCPUチューニングに対応するため、独自機能「Non-Z OC」を搭載しているのも大きな特徴だ。

Fatal1ty H87 Performance
ATXフォームファクタながら奥行き218mmのスリム基板を採用。わずか30mmほどの違いだが、組み込み時の利便性は大きく改善される
Fatal1ty H87 Performance
基板裏面には目立ったコンポーネントは搭載されず、スッキリとした印象だ

またASRock 8シリーズの新コンセプト「A-STYLE」にも対応。サウンド回路は、SN比115dBのRealtek「ALC1150」とTexas Instruments製オペアンプ「NE5532」で構成される「Purity Sound」で、これまでのオンボード機能を超える、豊かなサウンド環境を提供している。さらにモバイルデバイスとの連携機能、「Home Cloud」や「HDMI-In」もサポートされ、ゲーマー向けに限らず幅広い用途に利用できる懐の広い製品に仕上げられている。

Fatal1ty H87 Performance Fatal1ty H87 Performance
“Fatal1ty”氏の顔が大きくデザインされたパッケージ。サイズは実測値で350×270×65mmとかなりコンパクト パッケージ裏面には対応する独自機能の説明が記載されている
Fatal1ty H87 Performance 付属品はクイックインストールガイド、ソフトウェアセットアップガイド、バックパネル、SATAケーブルとシンプルな構成。なおUstreamやニコニコ生放送など、多くのブロードキャストプラットフォームに対応するマルチメディア配信ソフト「XSplit」の3ヶ月間無料プレミアムライセンスも付属される

totop