エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
メモリスロット流用の独自M.2拡張カードが面白い、ASUSのOC向けマザー「ROG MAXIMUS IX APEX」登場
5ギガビットLAN搭載。ASRockのウルトラハイエンド「Z270 SuperCarrier」が発売開始
Thermaltake、スタックできるビッグキューブ「Core X5」に両面強化ガラス搭載モデルを追加
「Mystic Light」対応のIntel Z270ゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING PRO」
ASRock、「X370 Taichi」などRyzen対応Socket AM4マザーボード全10モデル投入
ストレージ少ないけど激安。国内未発売の「Moto Z」32GBモデルが約6.5万円で販売中
AntecのVESAマウンタ対応Mini-ITXケース「ISK-110 VESA」、USB3.0を搭載してリニューアル
【コレオシ Vol.1421】電子レンジでご飯が炊ける「炊飯マグ」がパーツより売れる件
争奪戦必至のASUS製グラフィックスカードにマザーボードなど要チェック【ツクモパソコン本店】
ASUS、MSIのハイエンドグラフィックスカードが週末限定特価【TSUKUMO eX.】

HOTNEWS
● サーバーのノウハウを結集したゲーミングマザーボード、SuperO「C7Z270-CG」
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
3「必ず買いますよ」(2/22) ・・・複数ショップ店員談
4「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談
5ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」

Home > レビュー > 撮って出し
まさに信頼と実績!「H797QMC3G2M」&「H779QMT1GD」で探る老舗HISの魅力
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.248

まさに信頼と実績!「H797QMC3G2M」&「H779QMT1GD」で探る老舗HISの魅力


2013年7月17日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 どのカテゴリにも、いわゆる“鉄板”と呼ばれるブランドがあるが、Radeon専門のグラフィックスカードメーカーとして知られるHightech Information System Limited(HIS/本社:香港)もその一つだ。かつてOEMメーカーの立場から縁の下の力持ちを演じていたのも今は昔。静音グラフィックスカードの草分け的存在として、現在ではすっかりRadeon陣営における有力ブランドの地位を固めている。
 今回はHIS自慢のラインナップより、最新のデュアルファンクーラー「IceQ X2」と高品質コンポーネント「iPower」を実装する、「H797QMC3G2M」「H779QMT1GD」をチョイス。静音だけに留まらない、Radeonグラフィックスカード最高峰の完成度を堪能してみよう。

グラフィックスカード一筋20余年、“Radeon専科”HISの道のり

まず話を始めるにあたり、HISの沿革に少々触れておこう。OEMメーカーとしてスタートした同社の設立は1987年、遡ること今から26年前のことだ。1989年には早くもグラフィックスカードにフォーカスした生産体制へと移行を果たしており、単体カテゴリを扱う“専業メーカー”としては、いわば老舗にあたる。その後は順調に実績を積み重ね、1995年にはグラフィックスカード市場全体で8%のシェアを獲得するなど、陰ながら群雄の一角を占めるまでに成長した。

H797QMC3G2M
HISが誇る静音クーラー「IceQ」シリーズ。現在は三代目にあたる「IceQ X2」が「H797QMC3G2M」をはじめとしたパフォーマンスモデルに搭載されている

そのHISがオリジナルブランドを掲げて船出したのは2002年。その翌年には、早くも同社のトレードマークともいえる静音クーラー「HIS IceQ series」を市場に投入している。同年に某社からリリースされたGPUの搭載クーラーが“ドライヤー”と揶揄されていたことを考えれば、その設計思想はかなり先進的だった。その後、グラフィックスカードを扱う各社がこぞって静音仕様を謳う製品をリリースするようになったのはご存知の通り。HISの“IceQ”も数えて三代目の「IceQ X2」がデビューを果たし、さらに高い次元での静音性と冷却性能を実現している。

静音のみにあらず。圧倒的パフォーマンスを生む“iPower”

このロゴを見たことがあるだろうか?HISが長年のノウハウで作り上げた、高耐久大出力の基板デザイン「iPower」モデルの象徴だ

HISといえば前述の通り静音がお家芸だが、もちろんトピックはそれだけに留まらない。長年に渡るグラフィックスカード製造のノウハウを生かした、高耐久コンポーネント「iPower」もまたその一つだ。
 ハイレベルなオーバークロック性能を追求すべく、特に電源周りを強化。リファレンスを凌駕する電源・PWMフェーズを搭載し、最上位モデルでは電源フェーズ8+8(リファレンス:6+8)、PWMフェーズは実に18+1+1(リファレンス:5+1+1)の大出力を誇る。余裕たっぷりな電力供給能力に加え、より高いコア電圧での動作もサポート。実装される各種コンポーネントも、動作温度を抑えた高品質モデルを採用する。
 搭載されるのは、ハイエンドやオーバークロックモデルを中心としたパフォーマンスクラス。今回のレビューで取り上げる「H797QMC3G2M」「H779QMT1GD」もまた、「iPower」基板搭載製品だ。もちろんユーザーの手によるチューニングでも、大いに威力を発揮してくれるであろうことは疑いないだろう。

HIS
HIS

次は...  ハイエンドの看板グラフィックスカード「H797QMC3G2M」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us