エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
NTTレゾナント、3キャリアSIMが使えるDSDS対応SIMフリースマホ「gooのスマホ g07+」発売
4,980円で買えるマニアのオモチャ。懐かしのキーボード付きWindowsケータイ「T-01B」の未使用品が発掘
ドコモLTE対応の新品ディズニースマホが税込6,980円で特価販売中。在庫は1,000台以上
BIOSTARの最上位Intel Z270マザーボード「Z270GT9」が“Ultra HD Blu-ray”に対応
NVIDIA Quadro対応のクリエイター向けホワイトマザー、GIGABYTE「GA-Z270X-DESIGNARE」
iiyamaPC、デュアルXeon構成でQuadro搭載のワークステーション2種
3面強化ガラスパネルのコンパクトミドルタワー、XIGMATEK「PROSPECT」
プロゲーミングチームが認めたホワイト迷彩マザー、MSI「H270 TOMAHAWK ARCTIC DETONATOR EDITION」
【懐かしのPCパーツ図鑑】Vol.043 デュアルGPU搭載グラフィックスカードを98円で売ります
CFD&東芝製 SSDに日曜限定の特価モデル【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】

HOTNEWS
● プロゲーミングチームが認めたホワイト迷彩マザー、MSI「H270 TOMAHAWK ARCTIC DETONATOR EDITION」
● MicroATXでGeForce GTX 1080搭載のデュアル水冷マシン、サイコム「G-Master Hydro Z270-Mini」
● 定評のNASサーバー、Synology「DiskStation DS216j」でストレージ環境を見直す
● 秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「店員歴を教えてください」
● 超静音志向のゲーミングPCが手軽に構築できる Palit「GeForce GTX 1050 Ti KalmX」


1定評のNASサーバー、Synology「DiskStation DS216j」でストレージ環境を見直す
2MicroATXでGeForce GTX 1080搭載のデュアル水冷マシン、サイコム「G-Master Hydro Z270-Mini」
3まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
4NVMe SSD発熱問題の解決策。コスト1,000円以下でパフォーマンスは向上できる
5超静音志向のゲーミングPCが手軽に構築できる Palit「GeForce GTX 1050 Ti KalmX」

Home > レビュー > 撮って出し
SilverStone RAVEN 4 debut
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.241

SilverStone RAVEN 4 debut


2013年6月15日
TEXT:GDM編集部
RSS
 SilverStone(本社:台湾)の看板モデル「RAVEN」シリーズ最新作、「RAVEN 4」(型番:SST-RV04B-W)の発売が開始された。前作までの特長だったマザーボード90°回転レイアウトを、倒立レイアウトに変更。埃の浸入を防止するとともに、スムーズな排気エアフローを生み出す正圧設計は引き継がれ、従来よりもコンパクトなボディに仕上げられた。今回は出来たてホヤホヤの評価機を、国内正規代理店のマスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)から借り受け、期待のNewモデル「RAVEN 4」をじっくり検証していこう。
raven4
RAVEN 4(型番:SST-RV04B-W)
市場想定売価税込20,480円(2013年5月11日発売)
製品情報(SilverStone)(マスタードシード株式会社

シリーズ第4弾「RAVEN 4」はどう進化したのか

前作「RAVEN 3」(型番:SST-RV03B)を検証したのが2011年3月。あれから2年が経過し、新作「RAVEN 4」の発売が開始された。SilverStoneのPCケースカテゴリで看板モデルとなる「RAVEN」シリーズとあって、国内外市場からの注目は高い。
 前作までの「RAVEN」は、見るからに大型ゲーミングPCケースというイメージが強かった。しかし新作「RAVEN 4」の評価サンプルを見ると、若干小型化されているような印象だ。なるほどスペック表を見比べると、「RAVEN 3」はW235×D570×H522mmに対し、「RAVEN 4」は、W219×D497×H581mmと、幅が-16mm・奥行きが-73mmとそれぞれ短くなっている。また接地面積(フットプリント)が8割程度まで小さくなった一方、59mmほど背が 高くなり、全体の印象はガラリと変わり、「RAVEN」シリーズは新たなステップに進化を果たした。

raven4
「RAVEN 3」(左)と新作「RAVEN 4」(右)を見比べると、縦横比の逆転設計は一目瞭然

raven4

次は...  期待のNewモデル「RAVEN 4」外観スタイルチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us