エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
2月21日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
ASUSの最新マザーボードを徹底解説。25日(土)にドスパラ 秋葉原本店にて店頭イベントが開催
ファーウェイ、丸2日動作する大容量バッテリ搭載SIMフリースマホ「HUAWEI nova/lite」
プロカメラマン監修のKaby Lake搭載RAW現像デスクトップPC、ツクモeX.computerから
iiyamaPC「STYLE∞」、Kaby Lake搭載の即納ミニタワーPC計2モデル発売
マウスDAIV、GeForce GTX 1060とKaby Lake搭載の15.6型液晶ノートPC発売
EIZO、8メガピクセル対応の31.1型医用ディスプレイ「RadiForce MX315W」
ロジクール、業界初の4K・5倍ズーム対応の超高性能ウェブカメラ「ロジクールBRIO」を発売
太陽光パネルと3G通信モジュールを組み込んだ、フルアーマー仕様の「ラズパイ屋外稼動キット」が登場
SilverStone、40℃環境で安定した出力を可能にした高耐久TFX電源「TX300」

HOTNEWS
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
● これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
3NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
4「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談
5ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」

Home > レビュー > 一点突破
サイズ「阿修羅」検証
エルミタ的一点突破 Vol.29

サイズ「阿修羅」検証


2013年2月9日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 株式会社サイズ(本社:千葉県市川市)のCPUクーラー「阿修羅」(型番:SCASR-1000)の発売が開始された。開発に携わったスタッフ曰く冷却能力はもとより、新たに開発されたオリジナルのブリッジ式リテンションも自信作とのこと、久々の新作に期待は高まるばかりだ。四の五の言わず、早速検証をはじめよう。

久々のオリジナルCPUクーラー「阿修羅」登場

阿修羅
阿修羅(型番:SCASR-1000) 市場想定売価税込4,980円
(株式会社サイズ http://www.scythe.co.jp/cooler/ashura.html

今回リリースされた「阿修羅」は、昨年8月にリリースされた「KABUTO2」(型番:SCKBT-2000)以来のサイズオリジナルCPUクーラーだ。スタイルは巷によくあるサイドフロー型だが、サイズらしくナローフィン&バリアントヒートパイプ構造と名付けられた、新設計を携えてきた。
 通常CPUクーラーは冷却能力を高めるため、放熱フィンの表面積を広くする。これはトップフロー・サイドフロー問わず、CPUクーラーのセオリーだが、一方でヒートシンクを大型化することで、CPUソケットと隣接するメモリスロットに干渉するという弊害が起きてしまう。これまでオーバークロック志向の強いCPUクーラーをチョイスし、大型ヒートスプレッダ付ハイエンドメモリをすべてのスロットに装着できないという事態に遭遇した人は少なくないだろう。あの脱力感たるや、筆舌に尽くし難く、途方に暮れるばかりだ。
 そこでこれを回避すべく、「阿修羅」は干渉排除型デザインを採用。幅の狭いナローフィンと、φ6mmヒートパイプ6本をバランスよく配列し、冷却能力を犠牲にしないギリギリの設計を行っている。

阿修羅 阿修羅
「阿修羅」外装パッケージ。既存のサイズオリジナルCPUクーラー同様、パッケージには製品の特徴がびっしりアピールされている。なお外形寸法は、172×120×220mmで、全重量は1,330gとされている
阿修羅 阿修羅
パッケージの上フタを開くと、「阿修羅」のヒートシンク本体と、その横にリテンション一式が詰め込まれた白箱がパッケージ内に隙間なく詰め込まれていた

「阿修羅」外観チェック

阿修羅
 サイズ「阿修羅」の設計コンセプトを念頭に、まずは外観をチェックしていこう。冒頭紹介したとおり、「阿修羅」は140mm冷却ファンを搭載したサイドフロー型CPUクーラー。その容姿はオーソドックスで、一見なんの変哲もないモデルに見えるかもしれない。しかしそこはオリジナルCPUクーラーには定評のサイズ。自ら設計することで、国内ユーザーの声をフィードバックし、これまで多くのヒット作を生み出した実績がある。期待せざるを得ない。
阿修羅

次は...  ナロータイプのアルミニウム製ヒートシンク

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us