エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.193

IntelプラットフォームにおけるPLEXTOR「M5 Pro」RAID 0の圧倒的なパフォーマンスを検証する

2012.11.28 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
今回のエルミタ的速攻撮って出しレビューは、PLEXTOR「M5 Pro」の128GBモデル「PX-128M5P」を使ったRAID 0検証の2回目をお届けする。前回のAMDプラットフォーム編では、特にシーケンシャルアクセスにおいて圧倒的な存在感を発揮したRAID 0だが、Intelプラットフォームではどのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。本稿ではIntel Z77 ExpressとIntel X79 Expressの2種類のチップセット環境を用意してじっくりと検証してみよう。
M5P
「M5 Pro」シリーズ「PX-128M5P」(128GB) 実勢価格10,000円前後
製品情報(リンクスインターナショナル) / 製品情報(PLEXTOR

コンシューマ向けチップセットではSATA3.0(6Gbps)が2ポートに制限されるIntelプラットフォーム

AMDから遅れること約1年、IntelがSATA3.0(6Gbps)に対応したのは2011年に登場したIntel 6シリーズから。その後、ハイエンド向けLGA 2011、メインストリームLGA 1155ともIntel 7シリーズへとアップデートされているが、SATA3.0(6Gbps)はいずれも2ポートまでに制限されており、AMDプラットフォームと比較するとやや手薄な印象だ。
 ちなみに現在の主要チップセットは、いずれもRAIDレベル0/1/5/10をサポートしているが、3台以上で構成する場合は当然SATA2.0(3Gbps)ポートを使用する必要があり、最新SSDのパフォーマンスを最大限に発揮させることはできない。
 ただし、IntelプラットフォームではIntel 7シリーズ(Intel X79は除く)とIntel Rapid Storage Technology 11.0以降の組み合わせなら、RAID 0でもTrimコマンドが送信されるため、長期使用時でもパフォーマンス低下が抑えられるというメリットがある。

M5P
Intel主要チップセットのストレージ対応

ちなみに今回の検証ではLGA 2011を代表して(と言っても1チップしかないが)Intel X79Express(以降X79)、LGA 1155を代表してIntel Z77 Express(以降Z77)の2種類のチップセット環境を用意。またRAID構成は「PX-128M5P」を2台使ってRAID 0とし、ドライバには「Intel Rapid Storage Technology enterprise 3.5.0.1101」(X79用)と「Intel Rapid Storage Technology 11.6.0.1030」(Z77用)をそれぞれ使用した。

コンシューマ向けLGA 2011プラットフォーム唯一の対応チップセットIntel X79 Express

オーバークロック機能やIntel Rapid Storage Technologyに対応したLGA 1155向け最上位チップセットIntel Z77 Express。最近ではコストパフォーマンスに優れたモデルも増えており、現在最も人気のあるチップセットといっていいだろう

totop