ミリタリーグレードのRyzen対応MicroATXマザー、ASUS「TUF B450M-PRO GAMING」

2019.03.20 11:29 更新

2019.03.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ASUS JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区)は2019年3月20日、AMD B450チップセットを採用する、Ryzen対応高耐久MicroATXマザーボード「TUF B450M-PRO GAMING」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売日は3月22日で、市場想定売価は税込12,000円前後。
  • ミリタリーグレードのRyzen対応MicroATXマザー、ASUS「TUF B450M-PRO GAMING」
  • ミリタリーグレードのRyzen対応MicroATXマザー、ASUS「TUF B450M-PRO GAMING」

AMD B450チップセットを採用する高耐久モデル

TUF B450M-PRO GAMING 市場想定売価税込12,000円前後(3月22日発売)
https://www.asus.com/jp/Motherboards/TUF-B450M-PRO-GAMING/

Ryzenシリーズに対応するミドルレンジチップセットAMD B450を採用するMicroATXマザーボードの新製品。

「TUF Gaming」シリーズに属する製品で、高効率・低発熱な「TUFチョークコイル」「TUF MOSFET」や、温度耐性が20%、寿命が5倍の「TUFコンデンサ」など、ミリタリーグレードのコンポーネントを採用。高負荷状態での連続稼働が求められるゲーミングPCでも安定した動作が期待できる。

また重量級のグラフィックスカードに対応する高耐久PCI-Expressスロット「SafeSlot」や、基板上のチップを静電気放電から守る「ESD保護機能」、通常の2.5倍の過電圧に耐え、信号特性にも優れる「LANGuard」、CPUファン・ケースファンを細かく制御できる「Fan Xpert」などの機能を搭載する。

主なスペックは、メモリスロットがDDR4-3533×4(最大64GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、M.2×2、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express2.0(x1)×1。基板サイズは244×244mm。

B450M-PRO_G_1000x258c
  • ソケット:Socket AM4
  • チップセット:AMD B450
  • フォームファクタ:MicroATX
  • メモリスロット:DDR4-3533×4(最大64GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express2.0(x1)×1
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6、M.2×2
  • LAN:ギガビットLAN×1(Realtek RTL8111H)
  • サウンド:8ch HDオーディオ(ALCS1200A)
  • リアインターフェイス:ギガビットLAN×1、USB3.1 Gen.2×1、USB3.1 Gen.1 Type-C×1、USB3.1 Gen.1 Type-A×2、USB2.0×2、オーディオジャック×3、HDMI×1、DVI-D×1
  • 外形寸法:W244×H244mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUS JAPAN株式会社: http://www.asus.com/jp/

totop