メモリスロットに取り付けるアドレサブルRGB対応ライティングキットがThermaltakeから

2018.12.07 19:00 更新

2018.12.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Thermaltake(本社:台湾)は2018年12月7日、メモリスロットに取り付けるアドレサブルRGB対応ライティングキット「Pacific R1 Plus DDR4 Memory Lighting Kit」(型番:CL-O020-PL00SW-A)を発表した。
  • メモリスロットに取り付けるアドレサブルRGB対応ライティングキットがThermaltakeから
  • メモリスロットに取り付けるアドレサブルRGB対応ライティングキットがThermaltakeから

現行ほぼ全てのメモリスロットに装着できるライティングキット

「Pacific R1 Plus DDR4 Memory Lighting Kit」は、メモリスロットに装着するアドレサブルRGB対応のライティングキット。

メモリスロット脇に特殊クリップで取り付けるため、4本のDIMMスロットがあれば、DDR4だけでなく、DDR3やDDR2など幅広いメモリに対応。またメモリスロットが全て埋まっていない場合でも、すべてのスロットにRGB LEDメモリが搭載されているかのように発光させることができる。

CL-O020-PL00SW-A_720x540c CL-O020-PL00SW-A_720x540d

LEDは全部で36灯で、カラーは1,680万色に対応。ライティングの制御は「TT RGB PLUS」ソフトウェアの他、Razer ChromaやAmazon Alexaなどのユーティリティや、ASRock「Polychrome RGB」、ASUS「Aura Sync」、GIGABYTE「RGB Fusion」、MSI「Mystic Light Sync」に対応する。

インターフェイスはUSB2.0(9pin)、本体サイズは156×51.1×43mm、重量168g。対応OSはWindows 10/8.1/8/7。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Thermaltake: http://www.thermaltake.com/

totop