売価約1.7万円のエントリースマートフォン、ASUS「ZenFone Live(L1)」シリーズ

2018.12.05 12:15 更新

2018.12.05 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUS JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区)は2018年12月5日、初めてのスマートフォンにちょうどいい、初心者向け機能を搭載したエントリースマートフォン「ZenFone Live(L1)(ZA550KL)」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。市場想定売価は税抜16,800円で、12月中旬以降より販売が開始される。
  • 売価約1.7万円のエントリースマートフォン、ASUS「ZenFone Live(L1)」シリーズ

エントリー向けながらデュアルSIMデュアルスタンバイに対応

ZenFone Live(L1)(ZA550KL) 市場想定売価税抜16,800円(12月中旬以降発売)
ZA550KL-BL32(スペースブルー)/ZA550KL-BK32(ミッドナイトブラック)
ZA550KL-GD32(シマーゴールド)/ZA550KL-PK32(ローズピンク)
https://www.asus.com/jp/
※掲載時、製品情報なし

ASUSブランドエントリー向けスマートフォン「ZenFone Live」シリーズの最新モデル。通常の動作モードの他に、大きな文字とわかりやすい表示が特徴の「簡単モード」と、アプリや使用時間を制限できる「キッズモード」を搭載。初心者や子供用のスマートフォンとして最適だ。

また徹底した小型・薄型化により、従来の5型スマートフォンと同等のサイズに5.5型の大型液晶を搭載し、液晶の見やすさを改善。さらに本体には2つのnanoSIMスロットを備え、2つの電話番号を利用できるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)機能にも対応する。

主なスペックは解像度が1,440×720ドット(HD+)、プロセッサがSnapdragon 430(1.4GHz/オクタコア)、メモリはLPDDR3 2GB、ストレージは32GBで、ASUS WebStorageサービス5GB(永久無料)とGoogleドライブ100GB(1年間無料)が付属。カメラは500万画素インカメラと1,300万画素アウトカメラを搭載した。

ネットワークはIEEE 802.11b/g/n無線LANとBluetooth 4.0に対応。インターフェイスはmicroUSB、microSDカードスロット、マイク/ヘッドホンコンボジャック×1。バッテリー容量は3,000mAh、充電時間は約3.3時間で、駆動時間はWi-Fi通信時が約16.3時間、モバイル通信時が約14.8時間。

LiveL1_1024x322

本体カラーはスペースブルー、ミッドナイトブラック、シマーゴールド、ローズピンクの全4色。本体サイズはW71.7×H147.2×D8.1mm、重量約140g。OSはAndroid 8.0がプリインストールされる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUS JAPAN株式会社: http://www.asus.com/jp/

totop