FSPエントリー向けミドルタワーPCケース「CMT230」「CMT240」を国内発売

2018.11.15 19:00 更新

2018.11.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
FSP(本社:台湾)国内代理店の株式会社オウルテック(本社:神奈川県海老名市)は2018年11月15日、エントリー向けATXミドルタワーPCケース「CMT230」「CMT240」について、国内市場での新規取り扱い開始を発表した。市場想定売価は前者が税抜9,380円、後者が税抜8,780円で、発売日は11月16日。
  • FSPエントリー向けミドルタワーPCケース「CMT230」「CMT240」を国内発売
  • FSPエントリー向けミドルタワーPCケース「CMT230」「CMT240」を国内発売

量販店およびオウルテック直販サイトで明日から販売開始

CMT230 市場想定売価税抜9,380円(11月16日発売)
https://www.owltech.co.jp/product/cmt230
CMT240-BK 市場想定売価税抜8,780円(11月16日発売)
https://www.owltech.co.jp/product/cmt240
CMT240-WH 市場想定売価税抜8,780円(11月16日発売)
https://www.owltech.co.jp/product/cmt240

FSPのエントリークラス向けとされる、ミドルタワーPCケース2機種。共通筐体を採用し、フロントパネルデザインおよび冷却設計が主な違い。対応フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITX。

「CMT230」は、ゲーミングPC構築も想定された、高冷却志向。フロントパネル中央から下部に通気孔を設け、フロントに2基、リアに1基のBlue LED内蔵ファンを標準装備させた。なお冷却ファンの搭載可能数は、フロント120/140mmx3基、リア120/140mmx1基、トップ120/140mmx2基で、ラジエターはフロント280mmサイズ、トップ280mmサイズがそれぞれ搭載できる。

ドライブベイレイアウトは、5.25インチオープンベイx1段、3.5インチシャドウベイx2段、2.5インチシャドウベイx2段で、拡張スロットは計7段が装備される。

その他、電源ユニットを覆い隠すボトムカバーや、フロントトップにUSB3.0x2、USB2.0x2、音声入出力端子を装備。各有効スペースはグラフィックスカードが長さ373mmまで、CPUクーラーが高さ179mmまで、電源ユニットが長さ210mmまで。外形寸法はW210xD435xH466mm、重量約5.1kg。なお左サイドパネルはアクリルウインドウ仕様。

「CMT240」は、ブラックとホワイトの2色を用意。フロントパネルはフラットデザインの密閉型で、下部にはLEDバーを装備する。

CMT240_1024x768a CMT240_1024x768b

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
FSP: http://www.fsplifestyle.com/
株式会社オウルテック: https://www.owltech.co.jp/

totop