ビーフジャーキーを自作する、サンコー「自家製ジャーキーメーカー」を税込3,980円で発売

2018.06.18 16:30 更新

2018.06.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
サンコー株式会社(本社:東京都千代田区)は2018年6月18日、ドライフードを自作できる「自家製ジャーキーメーカー」を発売した。直販売価は税込3,980円。
  • ビーフジャーキーを自作する、サンコー「自家製ジャーキーメーカー」を税込3,980円で発売
  • ビーフジャーキーを自作する、サンコー「自家製ジャーキーメーカー」を税込3,980円で発売

毎日の晩酌のお供を自作。ドライフルーツも作れるシンプルなメーカー

自家製ジャーキーメーカー(型番:DRFDMK01) 直販売価税込3,980円
https://www.thanko.jp/shopdetail/000000003083

市販品とは一味違う、自分好みのビーフジャーキーを手軽に作ることができる「自家製ジャーキーメーカー」がサンコーから発売。卓上に置いても邪魔にならないコンパクトサイズのドライフードメーカーで、ドライフルーツや干し野菜を作ることも可能だ。

DRFDMK01_800x600c DRFDMK01_800x600d

温風で食材を乾燥させる仕組みで、本体は5段の乾燥トレイをスタックした構造。シンプル仕様のためタイマー機能はないものの、温度は30~70℃まで設定できる。ビーフジャーキーの場合は、肉を好みの厚さに切ってタレに漬け込んだ上で、70℃設定にて約8~10時間ほど乾燥させることで完成する。なお、8時間使用した際の電気料金は、わずか約54円ほど。

外形寸法はW245×D240×H227mmで、高さはちょうど500mlペットボトルと同クラス。重さは1.6kgだ。なお、ヒーターの加熱を自動でON/OFFする安全装置を内蔵、安全のために連続動作は40時間以内に収めることが推奨されている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
サンコー株式会社: http://www.thanko.jp/

totop