ASRockのコンパクトベアボーン「DeskMini」にCoffee Lake対応モデル登場

2018.05.08 15:00 更新

2018.05.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2018年5月7日(現地時間)、Intel H310を採用するコンパクトベアボーンキット「DeskMini 310」を発表した。CPUはTDP 65Wまでの第8世代Coreプロセッサに対応する。
  • ASRockのコンパクトベアボーン「DeskMini」にCoffee Lake対応モデル登場
  • ASRockのコンパクトベアボーン「DeskMini」にCoffee Lake対応モデル登場

Intel H310チップを採用するコンパクトベアボーン

5インチ角のMini-STXマザーボードを採用するコンパクトベアボーンキット、ASRock「DeskMini」に、Coffee Lakeこと第8世代Coreプロセッサ対応モデル「DeskMini 310」が登場した。

以前詳細検証を行った「DeskMini 110」の後継モデルにあたる製品で、チップセットはIntel H310、ソケットはLGA1151で、TDPは65Wまで対応する。

またメモリスロットはDDR4-2400MHz×2(SODIMM)からDDR4-2666MHz×2(SODIMM)へ、「Ultra M.2」スロットはPCI-Express3.0(x4)専用からPCI-Express3.0(x4)/SATA3.0兼用へ変更。さらに基板裏面にはmicroSDカードリーダーが追加されている。

その他スペックは共通で、SATA3.0(6Gbps)ポートは2口、拡張スロットはM.2 2230×1(Wi-Fi+Bluetoothカード用)、フロントインターフェイスはUSB3.1 Gen.1 Type-C×1、USB3.1 Gen.1 Type-A×1、オーディオ端子×2、リアインターフェイスはUSB3.1 Gen.1 Type-A×1、USB2.0×1、D-Sub×1、HDMI×1、DisplayPort×1、ギガビットLAN×1(Intel I219V)を備える。

DeskMini310_1024x768c DeskMini310_1024x768d
M.2 2230のワイヤレスカード用にアンテナが付属 オプションのVESAマウンタを使えば、液晶ディスプレイ背面にも設置が可能だ

外形寸法はW155×D155×H80mm、電源は120W/19VのACアダプタが付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop