アイネックス、Type-Cスマホや周辺機器をUSBポートに接続するType-Cケーブル2製品を発売

2017.10.30 16:08 更新

2017.10.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイネックス(本社:東京都西東京市)は2017年10月30日、USBポートにType-C接続の周辺機器を接続するType-Cケーブル「U32AC-MM05」「U32AC-MM10」を発表した。価格はオープンプライスで、11月1日より出荷が開始される。

Type-A to Type-Cのオス型ケーブル。ラインナップは長さ違いで2モデル

U32AC-MM05 市場想定売価税抜880~1,000円(11月1日出荷開始予定)
http://www.ainex.jp/products/u32ac-mm05/
U32AC-MM10 市場想定売価税抜980~1,090円(11月1日出荷開始予定)
http://www.ainex.jp/products/u32ac-mm10/

USB Type-C対応のスマートフォンや周辺機器をType-AコネクタのPCに接続できる、USB A to Cケーブルの新製品がアイネックスから発売。50cmの「U32AC-MM05」と1mの「U32AC-MM10」をラインナップする。

コネクタ形状は、PC側がUSB3.1対応のUSB Type-A(オス)で、周辺機器側がUSB Type-C(オス)。スマートフォン・周辺機器をUSB Type-Aポートに接続するためのケーブルで、逆向きには対応しない。

データ転送速度は最大10Gbps、充電は最大3A出力まで対応する。コネクタ内にはType-C標準に従い56kΩの抵抗が内蔵され、過電流を防ぐ仕様になっている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社アイネックス: http://www.ainex.jp/

totop