Intel、6コア/12スレッド対応のデスクトップ向け「第8世代Coreプロセッサ」発表

2017.09.25 13:00 更新

2017.09.25 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年9月25日、デスクトップ向け「第8世代Coreプロセッサ」を発表した。製品ラインナップは、Core i7/i5/i3の3シリーズ計6モデル展開で、10月5日より発売が開始される予定だ。
  • Intel、6コア/12スレッド対応のデスクトップ向け「第8世代Coreプロセッサ」発表
  • Intel、6コア/12スレッド対応のデスクトップ向け「第8世代Coreプロセッサ」発表

先代からゲーム性能は最大25%、マルチタスク性能は45%向上

Intel Unveils the 8th Gen Intel Core Processor Family for Desktop, Featuring Intel’s Best Gaming Processor Ever
https://newsroom.intel.com/news-releases/intel-unveils-8th-gen-intel-core-processor-family-desktop/

省電力向けプロセッサから遅れること約1ヶ月。Intelから、デスクトップ向け「第8世代Coreプロセッサ」が正式リリース。北米での発売は10月5日で、搭載PCは2017年の第4四半期に登場する予定だ。

8th_gen_1024x560b

製品ラインナップはCore i7/i5/i3の3シリーズ計6モデルで、Intelのコンシューマ向けモデルとしては初めて物理6コアに対応。Hyper Threadingに対応する上位モデルでは論理12コアのマルチスレッド処理をサポートする。

8th_gen_1024x576d
これまで通りオーバークロック対応の“K”シリーズと非対応の“non-K”シリーズがラインナップ。TDPは前者が95W(一部91W)、後者が65Wに設定されている

またコア数の拡張に合わせてスマートキャッシュも最大8MBから最大12MBへと増加。これにより、先代の第7世代モデルからゲーム性能は最大25%、マルチタスク性能は45%も向上しているという。

8th_gen_1024x576c
コア数やキャッシュ、動作クロックの向上により、ゲーム性能は最大25%、マルチタスク性能は45%向上

なおCPUソケットは従来通りLGA1151だが、電気設計が刷新され、既存のIntel 200シリーズチップセットとの互換性はなし。新規チップセットとしてIntel Z370チップセットがアナウンスされている。

8th_gen_1024x576e
第8世代Coreシリーズでは、新チップセットとして「Intel Z370」が必要になる。なお電気的な互換性がないため、従来のSkylake/Kaby Lakeは使用できない

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop