従来比40%性能が向上。Intel、省電力向け第8世代Coreプロセッサ発表

2017.08.21 16:01 更新

2017.08.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年8月21日、TDP15WのノートPC向け新型CPU「第8世代Coreプロセッサ」を発表した。製品ラインナップは全4モデルで、いずれもクアッドコアに対応する。
  • 従来比40%性能が向上。Intel、省電力向け第8世代Coreプロセッサ発表

TDP15Wながら全モデルクアッドコアに対応

Intelは、ノートPC向け新型CPU「第8世代Coreプロセッサ」を発表した。スリムノートPCや2-in-1 PC向けの省電力モデルで、TDP15Wクラスでは初めてクアッドコアに対応。従来モデルから約40%も性能が向上しているという。

8th-Gen-Core_1024x406d

製品ラインナップは「Core i7-8650U」(ベースクロック1.90GHz/ブーストクロック4.20GHz/キャッシュ8MB)を筆頭に、「Core i7-8550U」(ベースクロック1.80GHz/ブーストクロック4.00GHz/キャッシュ8MB)、「Core i5-8350U」(ベースクロック1.70GHz/ブーストクロック3.60GHz/キャッシュ6MB)、「Core i5-8250U」(ベースクロック1.60GHz/ブーストクロック3.40GHz/キャッシュ6MB)の計4モデル。

8th-Gen-Core_600x450b 8th-Gen-Core_600x450c

製造プロセスはKaby Lake世代と同じ14nmで、すべてのモデルでHyper Threadingが有効。グラフィックスコアは、4K@60Hz表示に対応するIntel UHD Graphics 620、メモリはDDR4-2400MHzまたはLPDDR3-2133MHzのデュアルチャネルで、帯域幅は最大34.1GB/sec。TDPは15Wとされ、コンフィグラブルTDPにより最大は25W、最小は10Wまで制御できる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop