PCIe16×8のマイニング専用独自規格マザーボード、Colorful「C.B250A-BTC PLUS V20」

2017.09.12 12:00 更新

2017.09.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Colorful(本社:中国)は2017年9月11日(現地時間)、PCI-Express(x16形状)×8本を搭載する、マイニング専用独自規格マザーボード「C.B250A-BTC PLUS V20」を発表した。
  • PCIe16×8のマイニング専用独自規格マザーボード、Colorful「C.B250A-BTC PLUS V20」
  • PCIe16×8のマイニング専用独自規格マザーボード、Colorful「C.B250A-BTC PLUS V20」

8枚のグラフィックスカードを直接搭載可能

「C.B250A-BTC PLUS V20」は、仮想通貨マイニング向けに設計されたLGA1151マザーボード。カードサイズ485×195mmの独自規格を採用し、チップセットはIntel B250。

基板上にはx16接続×1、x1接続×7の計8本のPCI-Express(x16形状)を搭載。スロット間も2スロット分の空きがあるため、別途変換アダプタなどを使うことなく8枚のグラフィックスカードを搭載可能。コストを抑えつつ高効率なマイニング環境を構築できる。

主なスペックは、メモリスロットがDDR4-SODIMM×1(2400MHz)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×1、mSATA×1。インターフェイスはUSB2.0×2、ギガビットLAN×1、HDMI×1、USB2.0ピンヘッダ×1を備える。

CB250A-BTC_PLUS_700x525
  • ソケット:LGA1151
  • チップセット:Intel B250
  • フォームファクタ:独自規格
  • メモリスロット:DDR4-SODIMM×1(2400MHz)
  • 拡張スロット:PCI-Express(x16)×1、PCI-Express(x1/x16形状)×7
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×1、mSATA×1
  • LAN:ギガビットLAN×1
  • リアインターフェイス:USB2.0×2、HDMI×1、ギガビットLAN×1
  • 外形寸法:485×195mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Colorful: http://www.colorful.cn/

totop