AMD、動作クロックを引き上げた第2世代Polaris「Radeon RX 500」シリーズ発表

2017.04.18 23:01 更新

2017.04.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は2017年4月18日、Polarisアーキテクチャを採用する第2世代GPU「Radeon RX 500」シリーズを発表。その第1弾として「Radeon RX 580/570」の販売を解禁した。
  • AMD、動作クロックを引き上げた第2世代Polaris「Radeon RX 500」シリーズ発表
  • AMD、動作クロックを引き上げた第2世代Polaris「Radeon RX 500」シリーズ発表

先代「Radeon RX 400」シリーズから動作クロックが向上

AMDは日本時間の4月18日、かねてから噂されていた新型GPU「Radeon RX 500」シリーズを正式発表。その第1弾として「Radeon RX 580/570」の販売を解禁した。

「Radeon RX 500」シリーズのコアアーキテクチャは、昨年6月に発表された「Radeon RX 400」シリーズと同じPolarisを採用。ただしすべてのモデルで動作クロックが引き上げられており、性能が向上しているのが特徴。またラインナップもRadeon RX 480/470/460の3モデルから、Radeon RX 580/570/560/550の4モデルへと拡充されている。

最上位モデル「Radeon RX 580」は、2,304基のストリームプロセッサを実装。動作クロックはベースクロックが1,257MHz、ブーストクロックが1,340MHz、メモリクロックが8,000MHzで、メモリバス幅は256bit、GDDR5 4/8GBのビデオメモリを搭載する。また補助電源コネクタは6pin×1から8pin×1へと強化され、Radeon RX 480で話題になった電力供給問題への対応も行われている。

上位モデル「Radeon RX 570」は、2,048基のストリームプロセッサを実装。動作クロックはベースクロックが1,168MHz、ブーストクロックが1,244MHz、メモリクロックが7,000MHzで、メモリバス幅が256bit、GDDR5 4GBのビデオメモリを搭載する。

ミドルレンジモデル「Radeon RX 560」は、先代の896基から1,024基へストリームプロセッサを増量。動作クロックはベースクロックが1,175MHz、ブーストクロックが1,275MHz、メモリクロックが7,000MHzで、メモリバス幅は128bit、GDDR5 4GBのビデオメモリを搭載する。

新たに追加されたローエンドモデル「Radeon RX 550」は512基のストリームプロセッサを実装。動作クロックはベースクロックが1,100MHz、ブーストクロックが1,183MHz、メモリクロックが7,000MHzで、メモリバス幅は128bit、GDDR5 2GBのビデオメモリを搭載する。

なおアキバではGIGABYTE製品4モデル、SAPPHIRE製品6モデル、計10モデルの「Radeon RX 580/570」グラフィックスカードの入荷を確認。こちらはいずれも明日19日(水)の開店と共に販売開始。また玄人志向Power Colorの製品も近日中に市場に投入される予定だ。

GIGABYTEは「Radeon RX 580」「Radeon RX 570」各2モデルの計4モデルがラインナップ
SAPPHIREは「Radeon RX 580」「Radeon RX 570」各3モデルの計6モデルが一挙投入される

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop