Western Digital、初のクライアント向けNVMe SSD「WD Black PCIe」シリーズ1月下旬発売

2017.01.05 11:54 更新

2017.01.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD
Western Digital Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年1月4日、NVMe対応のコンシューマ向けM.2 SSD「WD Black PCIe」シリーズを発表した。容量ラインナップは256GBと512GBの2種で、1月下旬より国内発売が開始される予定。
  • Western Digital、初のクライアント向けNVMe SSD「WD Black PCIe」シリーズ1月下旬発売
  • Western Digital、初のクライアント向けNVMe SSD「WD Black PCIe」シリーズ1月下旬発売

Western DigitalからPCI-Express3.0(x4)接続のNVMe SSD登場

WD Black PCIeシリーズ オープンプライス(1月下旬発売)
WDS256G1X0C(256GB)/WDS512G1X0C(512GB)
https://www.wdc.com/products/solid-state-drives/wd-black-pcie-ssd.html

「WD Black PCIe」シリーズは、Western Digital初のクライアント向けNVMe SSD。インターフェイスはPCI-Express3.0(x4)、フォームファクタはM.2 2280で、容量は256GBと512GBの2種がラインナップ。

転送速度は、シーケンシャル読込2,050MB/sec、書込800MB/sec(256GBモデルは700MB/sec)、ランダム読込170,000 IOPS、書込134,000 IOPS(同130,000 IOPS)とされ、SATA3.0(6Gbps) SSDに比べてシステムの起動や終了、アプリケーションのロード時間を10秒以上短縮できるとしている。

消費電力は平均135mW、外形寸法は、W22×D80×H2.23mm、重量7.2g。書込耐性は256GBモデルが80TBW、512GBモデルが160TBW、MTTFは175万時間で製品保証は5年間。なお国内発売は1月下旬より開始される予定。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Western Digital Corporation: http://www.wdc.com/

totop