Apple、Touch Barと第6世代Coreシリーズ搭載する、史上最薄「MacBook Pro」発表

2016.10.28 11:00 更新

2016.10.28 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Apple Inc.(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2016年10月28日、第6世代Coreプロセッサを搭載したプロ向けハイエンドノートPC「MacBook Pro」シリーズの新モデルを発表した。即日受注が開始され、直販価格は税抜148,800円から。

第6世代CoreシリーズとRadeon Proを搭載するパワフルノートPC

13.3インチ(Touch Bar非搭載) 直販価格税抜148,800円から
13.3インチ(Touch Bar搭載) 直販価格税抜178,800円から
15.4インチ(Touch Bar搭載) 直販価格税抜238,800円から
http://www.apple.com/jp/pr/library/2016/10/27Apple-Unveils-Groundbreaking-New-MacBook-Pro.html
http://www.apple.com/jp/macbook-pro/

Appleは、プロユース向けのハイエンドノートPC「MacBook Pro」シリーズの最新モデル計3種を発表。即日受注を開始した。

筐体はオールメタル製のユニボディ構造で、これまでの「MacBook Pro」では最薄となる厚さ14.9mm(13インチモデル) / 15.5mm(15インチモデル)のスリムデザインを採用。重量も従来モデルから約220g軽量化され、可搬性が大幅に向上している。

またキーボードの上段にあったファンクションキーを廃止し、代わりにマルチタッチ対応Retina液晶「Touch Bar」を新たに実装。使用するアプリケーションによって、表示される内容や機能を動的に変更することでよりインタラクティブな操作ができる。

キーボードの上段にはファンクションキーではなく、マルチタッチ対応のRetina液晶「Touch Bar」を搭載する

その他、指紋認証機能「Touch ID」、最大輝度500nitの高輝度Retinaディスプレイ、約2倍に大型化された感圧タッチトラックパッド(13インチモデルは約46%)、第2世代バタフライ構造キーボード、ダイナミックレンジを2倍に拡大したスピーカーなどを搭載する。

画面サイズは13.3インチ(2,560×1,600ドット)と、15.4インチ(2,880×1,800ドット)の2種で、13.3インチモデルには「Touch Bar」および「Toudh ID」非搭載の低価格版が用意される。

主なスペックは「13.3インチ(Touch Bar非搭載)」モデルが、CPUにCore i5(2.0GHz)、グラフィックスがIntel Iris Graphics 540で、LPDDR3-1,866MHz 8GBメモリ、256GB PCIe SSDなどを搭載。インターフェイスはThunderbolt 3×2、ネットワークはIEEE 802.11ac無線LANで、外形寸法は、W304.1×D212.4×H14.9mm、重量1.37kg。

「13.3インチ(Touch Bar搭載)」モデルは、CPUにCore i5(2.9GHzまたは3.1GHz)、グラフィックスがIntel Iris Graphics 550で、LPDDR3-2,133MHz 8GBメモリ、256GB / 512GB PCIe SSDなどを搭載。インターフェイスはThunderbolt 4×2、ネットワークはIEEE 802.11ac無線LANで、外形寸法は、W304.1×D212.4×H14.9mm、重量1.37kg。

「15.4インチ(Touch Bar搭載)」モデルは、CPUにCore i7(2.6GHzまたは2.7GHz)、グラフィックスがRadeon Pro 450 / 455で、LPDDR3-2,133MHz 16GBメモリ、256GB / 512GB PCIe SSDなどを搭載。インターフェイスはThunderbolt 4×2、ネットワークはIEEE 802.11ac無線LANで、外形寸法は、W349.3×D240.7×H15.5mm、重量1.83kg。

なお全てのモデルすでに受注が開始され、納期は「13.3インチ(Touch Bar非搭載)」が即納、それ以外のモデルの2~3週間。

文: GDM編集部 池西 樹
Apple Inc.: https://www.apple.com/jp/

totop