感圧パネル「3D Touch」搭載、最新世代のiPhone「iPhone 6s / 6s Plus」が9月25日デビュー

2015.09.10 12:02 更新

2015.09.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Apple Inc.(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2015年9月9日(現地時間)、iOS搭載スマートフォン「iPhone」の最新世代モデルを発表。4.7インチモデル「iPhone 6s」と5.5インチモデル「iPhone 6s Plus」を9月25日より発売開始する。
  • 感圧パネル「3D Touch」搭載、最新世代のiPhone「iPhone 6s / 6s Plus」が9月25日デビュー
  • 感圧パネル「3D Touch」搭載、最新世代のiPhone「iPhone 6s / 6s Plus」が9月25日デビュー

タッチの強さで異なるアクション。シリーズ初4K動画撮影に対応

iPhone 6s(9月25日発売)
16GB 市場想定売価税抜86,800円
64GB 市場想定売価税抜98,800円
128GB 市場想定売価税抜110,800円
iPhone 6s Plus(9月25日発売)
16GB 市場想定売価税抜98,800円
64GB 市場想定売価税抜110,800円
128GB 市場想定売価税抜122,800円
http://www.apple.com/jp/iphone/

Appleは9月9日(現地時間)、プレス向けの新製品発表イベントにて最新世代の「iPhone」を発表。「iPhone 6 / 6 Plus」の後継となる、4.7インチ「iPhone 6s」と5.5インチ「iPhone 6s Plus」を公開した。容量は16GB / 64GB / 128GBで、カラーはゴールド、シルバー、スペースグレイに新色のローズゴールドを加えた全4色をラインナップする。

sRGBカバー率100%の「Retina HD display」を搭載し、解像度は従来通り「iPhone 6s」が1,334×750ドット、「iPhone 6s Plus」が1,920×1,080ドット。最大の特徴として、タッチの強さを認識する感圧タッチパネル「3D Touch」を採用する。軽くプレスする“Peek”と強めの“Pop”操作に対応、タッチの強さを変えることでメニューの呼び出しやモード切り替えなどを可能にした。

CPUは「A9プロセッサ」と「M9モーションコプロセッサ」を搭載。CPUパフォーマンスは前世代から70%高速化したほか、GPUパフォーマンスも最大90%向上している。また、iPhoneシリーズとして初めて4K動画撮影(30fps)に対応した、F値2.2の1,200万画素iSightカメラを搭載。フロント500万画素のFaceTime HDカメラには、セルフィー時に画面を発光させる新機能「True Tone Retina Flash」を実装させた。なお、「iPhone 6s Plus」のみ光学手ぶれ補正に対応する。

ネットワークはBluetooth 4.2、NFC、2×2MIMO対応の無線LANに加え、最大300MbpsのLTE-Advancedをサポート。23のLTEバンドに対応する。外形寸法と重量は、「iPhone 6s」がW67.1×D138.3×H7.1mmで143g、W77.9×D158.2×H7.3mmで192g。「3D Touch」の導入により、従来から0.2mmほど厚みが増している。また、端末強度への不安を払拭するため、筐体素材には航空宇宙産業に用いられる7,000番台のアルミニウムが採用された。

文: GDM編集部 絵踏 一
Apple Inc.: https://www.apple.com/

totop