第3のOS「Tizen」搭載端末が登場。システナ、WUXGA液晶&4コアCPU装備の10.1インチタブをリリース

2013.06.24 12:10 更新

2013.06.24 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社システナ(本社:東京都港区)は2013年6月24日、LinuxベースのモバイルOS「Tizen」を搭載する10.1インチタブレットを発表した。
  • 第3のOS「Tizen」搭載端末が登場。システナ、WUXGA液晶&4コアCPU装備の10.1インチタブをリリース

国内初登場。Samsung主導の新興OS「Tizen」搭載タブレット

日本初、『Tizen』を搭載した10.1インチタブレットを開発
http://www.systena.co.jp/pdf/irnews/20130624.pdf

システナより、国内初となる「Tizen」OS搭載の10.1インチタブレットがリリースされた。製品に搭載されるOSバージョンはTizen 2.0。

韓国Samsungが開発を主導する「Tizen」は、Android同様オープンソースとして提供されるモバイル向けプラットフォーム。モバイル端末をはじめ車載デバイスやテレビ、カメラ、プリンターなど様々な機器上で動作するよう設計されているほか、アプリケーションがHTML5ベースであるため低コストで容易な開発を可能としている。

発表されたタブレットは、液晶ディスプレイがWUXGA解像度(1920×1200ドット)に対応する10.1インチで、CPUはARM Cortex-A9ベースのクアッドコア1.4GHzを搭載。DDR3 2GBのメモリと32GBのストレージを実装する。外部ストレージはmicroSDが使用可能で、フロント30万画素、リア200万画素のカメラも装備。通信機能はIEEE 802.11 b/g/nの無線LANをサポートする。

なおこの端末は10月23日から幕張メッセで開催される「第3回スマートフォン&モバイルEXPO秋」に出展される予定。また、同社によれば今後Tizen 2.1の実装をはじめ、車載IVI(In-Vehicle Infotainment)など総合的なサービス実現に向けた開発を進めていくという。

文: GDM編集部 絵踏 一
株式会社システナ: http://www.systena.co.jp/

totop