エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.715

これで全てが分かる。GAMDIAS「TALOS P1」徹底解説

2019.01.31 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
今回取り上げるのは、株式会社アユート(本社:東京都文京区)が昨年より取り扱いを開始した、GAMDIAS technology(本社:台湾)のPCケース「TALOS P1」だ。10月末より国内市場での販売がスタートしたミドルタワーは、Rainbow RGBファンとLEDストリップを標準で備えた、4面強化ガラス採用の典型的な魅せるPCケース。気が付けばライバルだらけの市場にあって、「TALOS P1」はどこまでアピールできるだろうか。

GAMDIASの看板モデル「TALOS P1」

まずはGAMDIASブランドについて触れておこう。Kworld ComputerグループのGAMDIAS technology(本社:台湾)は、2012年に設立されたゲーミングデバイスメーカーだ。国内市場では2018年4月より株式会社アユートが国内正規代理店契約締結を発表して以降、電源ユニットや簡易水冷ユニット、ケースファンなど順調にラインナップを拡大。独特なロゴデザインからイメージされるGAMDIASのゲーミングデバイス群は、LEDライティングによる光のグラデーションを積極的に取り入れ、その存在感は自作派の間にも浸透しつつある。

また、昨年開催された「COMPUTEX TAIPEI 2018」のGAMDIASブースでは、兄弟モデル「TALOS E1」「TALOS M1」を入り口の最前列に並べ、大いにアピール。GAMDIASブランドのPCケース部門が本格始動を開始した。

2018Comp_0611_gamdias_06_1024x768_02
昨年開催された「COMPUTEX TAIPEI 2018」のGAMDIASブースには、「TALOS」シリーズが披露された

そして今回取り上げる「TALOS P1」は、2018年10月より国内市場で販売が開始されたPCケースのフラッグシップモデル。既存ラインナップの構成パーツを組み込める、ベース筐体として、満を持してのデビューとなる。

talos_01_1024x768
GAMDIAS「TALOS P1」 実勢価格税込20,000円前後(2019年1月現在/2018年10月26日発売)
製品情報(GAMDIAS / 株式会社アユート

外観デザインは誰の目から見てもゲーミングPCケースで、発光するロゴがGAMDIASブランドを主張する。またフロント部には120mm口径「Rainbow Color RGBファン」3基を標準装備。ボディの縦横ラインにはLEDストリップを内蔵し、ドレスアップパーツを買い足すこと無く、魅せるPCが構築できるワケだ。実勢価格税込20,000円は少々高価に感じるかもしれないが、標準装備品の数々を考慮すれば、その印象も変わるだろう。

スペック表に見るGAMDIAS「TALOS P1」

パッケージから実機を取り出す前に、スペック表からGAMDIAS「TALOS P1」の概要を把握しておこう。メーカー自ら”ミドルタワーPCケース”と位置付けているものの、フォームファクタはE-ATXからの対応。外形寸法を見ると、近頃は大型PCケースが多い中、幅215mmはややスリムな印象ながら、奥行きは550mm、高さは481mmとされる。なお素材はシャーシなどの骨格部分はSPCCで、その他ABS樹脂と強化ガラスを使用。重量は10.13kgとなり、一般的なPCケースよりも若干重い。その他詳細については、本編で解説していく事にしよう。

talos_26_1024x768 talos_27_1024x768
フロントとトップ両サイドには合計4本のLEDストリップを内蔵。根っからのゲーミングPCケースだ
talos_spec_600x441
totop