エルミタ的「編集部で使ってみた」

既存環境でも効果あり。802.11ax対応無線LANルーターASUS「RT-AX88U」を試す

2019.01.10 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ASUS「RT-AX88U」を画像でチェック

製品の概要を把握したところで、ここからは評価サンプルをパッケージから取り出し、画像によるチェックを進めていこう。ブラックを基調に要所にあしらわれたゴールドが映えるデザインを採用する「RT-AX88U」。ケーブルの露出によって美観を損ねないよう、開閉式のカバーで目隠しされたフロントUSB3.1 Gen.1ポート以外のインターフェイスは、すべてリア側にまとめられていた。また本体サイズはアンテナを取り付けない状態でW300×D188×H60mm、アンテナを装着すると最低でも実測W385×D220×H180mmとなり、無線LANルーターとしてはかなり大柄。あらかじめ設置スペースを確保しておくようにしよう。

ax88u_902_1024x768
ブラックを基調にしたシックなデザインの「RT-AX88U」。この状態でも幅は300mm、奥行きは188mmもあり、かなり大柄。なお設置方法は横置きのみ対応する
ax88u_903_1024x768 ax88u_904_1024x768
「ASUSロゴ」の上にある通気口からはゴールドに塗装されたヒートシンクが確認できる トップの前方には各種LEDインジケータがまとめられていた
ax88u_905_1024x768
フロントの中央とボトムのほぼ全面を、スリット状の通気口とすることで冷却効率を高めている
ax88u_906_1024x768 ax88u_907_1024x768
フロント左側のカバーを開けると、HDDやプリンタ接続用のUSB3.1 Gen.1ポートが姿をあらわす フロント右側にはLEDインジケータのON/OFFができる「LEDボタン」と無線LANのON/OFFができる「WiFiボタン」を搭載
ax88u_908_1024x768 ax88u_909_1024x768
ボトムの前方には三角形のゴム足を2つ実装
ax88u_910_1024x768
ボトムの後方にはバー状のゴム足を実装。滑り止め効果に加え、通気口のある底面部に隙間を作ることで冷却効率を高めている
ax88u_911_1024x768 ax88u_912_1024x768
本体の両サイドには、アンテナ接続用のポートのみ搭載
ax88u_913_1024x768
各種ボタンやインターフェイス類は基本的にリア側にまとめて配置されていた
ax88u_914_1024x768
ギガビットLANは計8ポートで、一般的な用途であれば別途ハブを用意する必要はないだろう。ただ、欲を言えば1ポートでいいのでマルチギガビットLAN対応ポートが欲しかった
ax88u_915_1024x768 ax88u_916_1024x768
リア左側にはUSB3.1 Gen.1ポートとギガビットWANポートを搭載 「WPSボタン」「リセットボタン」「電源ボタン」などはリア右側にまとめて配置
ax88u_917_1024x768
本体のほか、4本の外部アンテナ、ACアダプタ、LANケーブル、クイックスタートガイド、「WTFast」クイックガイド、ワイヤレスアダプターインストールガイド、製品保証書が付属する
ax88u_918_1024x768 ax88u_919_1024x768
実測193mmの大型外部アンテナは4本付属。本体への取り付けはハンドスクリュー方式
ax88u_920_1024x768 ax88u_921_1024x768
ACアダプタの出力は45W(19V/23.7A)、サイズは実測61×61×21mmで比較的コンパクト
ax88u_922_1024x768
4本の外部アンテナを装着し、ACアダプタを接続するだけで組み立ては完了。工具類は一切必要ない
totop