エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.584

80PLUS認証電源の製造数トップのFSP、ゲーマー向けGOLD電源「Hydro G」は買いか

2017.07.22 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
80PLUS認証電源を世界で最も多く製造するFSP(本社:台湾)。国内代理店となる株式会社オウルテック(本社:神奈川県海老名市)から、ゲーマー向けを謳う80PLUS GOLD認証電源ユニット「Hydro G」シリーズの国内取り扱いをスタートした。新たな機能や技術の導入が少ないモデルながら、魅せるPCにベストなフルモジュラー&薄型フラットケーブル、セミファンレス、シングルレーン仕様の+12V、メーカー5年保証といった電源選びのポイントを押さえている。今回は容量650Wの「HG650」を借り受け、その実力を試していくことにした。
FSP「Hydro G 650W HG650」 実勢売価税込17,000円前後
製品情報(FSP)(株式会社オウルテック

ツボを押さえたゲーミングPC向け電源ユニット

PC電源の標準となるATX規格の電源ユニットをIntelとともに開発し、80PLUS認証電源の製造数で世界No1を誇るFSP。国内では2013年ごろから優れたコストパフォーマンスや高い静音性などで知名度が上昇。そして2015年に投入を開始したのが、ゲーマ向けを謳う80PLUS GOLD認証電源ユニットの「Hydro G」シリーズだ。

フルモジュラー仕様の80PLUS GOLD認証電源ユニット「Hydro G」シリーズ。ファンガード部や電源ケーブルモジュラー部など、デザイン面のひと工夫も感じられる
7月に行われたイベントでもFSPの歴史をアピール。すでに地球を50周回るくらい製造しているとか

「Hydro G」シリーズは、フルモジュラー仕様の薄型フラットケーブルに、ハイスペックPCを組みやすく、PC自作初心者も安心なシングルレーン仕様の+12V出力。Fluid Dynamic Bearing(高性能流体動圧軸受)を採用した静音仕様の135mmファン、低負荷時にファンが停止するセミファンレス機能日本製105℃コンデンサの実装。さらに短絡保護回路(SCP)、過電圧保護回路(OVP)、過電流保護回路(OCP)、過負荷保護回路(OPP)、低電圧保護回路(UVP)、過温度保護回路(OTP)の各種保護回路、5年間のロング保証といった電源ユニットの「旬」や「基本」をしっかり押さえている。また筐体サイドにドレスアップ用のステッカーが付属するなど、”魅せるPC”を意識したおまけ的ギミックもポイントだ。

容量は650W、750W、850Wの3モデルをラインナップしている。いずれのモデルも80PLUS認証取得時(115V入力)の変換効率が優れており、最も変換効率が高くなる50%負荷時では、ワンランク上の認証となる“PLATINUM”の92%に迫る効率を実現。アイドル時や低負荷作業時の10%や20%負荷時も、高い変換効率を維持する。これだけを見ても「Hydro G」は、かなり注目の電源ユニットである事がお分かり頂けるだろう。

電源ユニットの両サイドは、ゲーミングPCらしいデザインのステッカーに交換できる
左右でロゴは上下逆になっているため、固定位置や向きを選ばない。細かいところだが、魅せるPC系では大事なポイント
ブラックベースのパッケージの「Hydro G」。オウルテックならではの日本語パッケージで、特徴や仕様がわかりやすく列挙されている

totop