エルミタ的一点突破 Vol.46

別モノに生まれ変わったサイズ「虎徹 MarkⅡ」検証

2017.07.08 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 2013年10月にデビューした、サイドフロー型CPUクーラー「虎徹」(型番:SCKTT-1000)。その後継機種となる「虎徹 MarkⅡ」(型番:SCKTT-2000)の販売が開始された。前作の大ヒットから、2代目に集まる注目と期待はひと際高く、売れ行きも上々と聞く。設計思想を継承しつつ、大幅に進化した「虎徹 MarkⅡ」。早速検証を開始しよう。

サイズ看板モデルの世代交代

「迷ったらこれを買え」。先代「虎徹」とはそんなCPUクーラーだった。CPUに隣接するメモリスロットに干渉しない、ナロータイプ放熱フィンを採用。手頃な価格と高い冷却性能から、製品に対する悪評は、あまり聞こえてこない。まさにサイズの看板を背負う、代表作と言えるだろう。
 そんな「虎徹」が遂に2代目へと進化。より汎用性を持たせるために全高を抑え、新設計のリテンションにより、取り扱い易さも向上。搭載ファンには振動を抑える防振ラバーが付き、グレードが上がった。

サイズ「虎徹 MarkⅡ」(型番:SCKTT-2000)
市場想定売価税抜3,980円(2017年6月1日)
製品情報(株式会社サイズ

人気モデルの2代目に掛かる期待は当然ながら、先代より自作PC事情も大きく変化。CPUの選択肢にRyzenが加わり、AMD Socket AM4の対応と、その冷却パフォーマンスも問われる事になった。

「虎徹」と「虎徹 MarkⅡ」の違い

もう少し初代と2代目の違いを詳しく解説しよう。外観上ではっきりと異なるのが全高だ。初代の160mmに比べ、2代目は154mmと6mm低くなった。ミドルタワーPCのCPUクーラー有効スペースは、160mm以下が多く、”コンパクトミドルタワー”と呼ばれるモデルは150mm台までのサポートになってくる。より汎用性が向上した設計は、大いに歓迎されるだろう。

「虎徹」と「虎徹 MarkⅡ」で最も異なるのが全高。2代目は高さを6mm低くする事で、搭載できるPCケースの選択肢が増えた

さらにメモリスロットに干渉しない「ナロータイプフィン構造」に加え、放熱フィンを若干後方にずらす「オフセット設計」を採用。ベースプレートの位置も中心からオフセットし、グラフィックスカードとの物理的干渉も軽減されている。気が付きにくい点だが、先代から大きく設計が変化した「虎徹 MarkⅡ」は、まったくの別モノと考えた方が良さそうだ。

スペック表に見る「虎徹 MarkⅡ」

パッケージサイズはW140×D115×H255mm、重量1,000g。先日検証したばかりのNoctua「NH-D15 SE-AM4」が超巨大パッケージだけに、かなりコンパクトに感じる

先代「虎徹」の事は一旦忘れ、スペック表から「虎徹 MarkⅡ」を把握しておこう。外形寸法は冷却ファンを含み幅130mm、奥行き83mm、高さ154mm。重量は645gとされる。

ニッケルメッキ処理が施されたφ6mmヒートパイプは4本。サイズオリジナルモデルの設計思想から、ダイレクトタッチ式は採用されていない。また搭載ファンは120mm口径。これについては後ほど詳細を解説しよう。

対応ソケットはIntel LGA775/1150/1151/1155/1156/1366/2011/2011(V3)。AMD Socket AM2+/AM3+/FM1/FM2/AM4。製品保証は1年間だ。

totop