エルミタ的一点突破 Vol.44

Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証

2017.04.08 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕 / 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 AMD待望の新型プロセッサ、Ryzenの快進撃が止まらない。久し振りに放たれた"AMD砲”は、想像以上のインパクトとなって、一時は対応マザーボードが店頭から消えた。しばらくこの"特需”は続きそうで、さらに下位のRyzen 5が出揃えば俄然面白くなる。
 そこでエルミタではRyzenのビッグウェーブに乗じて冷却機器に注目。Socket AM4に対応するCPUクーラーのベストパートナーを探すべく、あれこれ試してみる事にした。その第1回に選んだのは、Ryzenの販売開始に合わせるかのように、3月上旬から販売が開始されたThermaltake「Contac Silent 12」(型番:CL-P039-AL12BL-A)だ。売価税抜2,800円のエントリーモデルだが、これがなかなかいいパフォーマンスを見せてくれる。Ryzen 7 1800Xを用意し、意外なる冷却能力をご覧頂こう。

ネジピッチが変わったAMD Socket AM4

3月3日0:00に販売が解禁された、AMD Zenアーキテクチャの新型CPU Ryzen。解禁当日、深夜販売の模様をお届けしたが、平日の深夜にもかかわらず、予想以上の大盛況。長く続いたAMD冬の時代と、Intelの一強時代がようやく終わり、自作PC業界に大きな変化をもたらす1日になった。

久しぶりに”深夜販売らしい”賑わいを見せた秋葉原。多くの人を集めたのは、IntelでもNVIDIAでもなくAMDだった

そしてもうひとつ変化したのは、Ryzen世代から採用されるSocket AM4プラットフォームだ。新たに設計された1,331ピンの新プロセッサ・ソケットは、938ピンのSocket AM3とは互換性がない。さらに違いはピン数だけでなく、CPUクーラーを搭載する台座とバックプレートのネジ穴ピッチが変更された。

AMDは長きにわたり、このピッチに変更を加えなかった。AM2(+)/AM3(+)、そしてFM1/2(+)はすべて共通であり、CPUクーラーは新ソケットが出ると、対応ソケット名の表記を書き加えるだけで済む。しかしSocket AM4はそうも行かない。

ASUS「ROG CROSSHAIR VI HERO」は、AM3(系)と新AM4いずれにも対応すべく、ネジ穴ピッチを2パターン設けている。両者の違いがよく分かる

既存CPUクーラーにおけるSocket AM4の対応

穴ピッチの変更といえば、これまでIntelのお家芸だったワケだが、Socket AM4世代でAMDもこれまでの慣例を破り、ひとつの話題を提供してくれたことになる。しばらく静かな時代が続いたAMDだけに、この程度は許容すべきだろう。ただしCPUクーラーメーカーにとっては、余計な仕事が増えた事は確かだ。
 対応はメーカーにより異なり、AM4用リテンションを「無償配布」したり、後日有償で販売されるケースもあるようだ。もっとも互換性がないのは台座とバックプレートのネジ穴ピッチであり、2箇所を引っ掛けるクリップ式を採用するCPUクーラーは、そのまま使用できる。

Socket AM4で変更されたのは、バックプレートの固定用ネジ穴位置のみ。従来通り2点留めクリップ式を採用するCPUクーラーは互換性が維持されている
totop