エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.548

グラフィックス性能に注目。省電力APU搭載のMini-ITXマザーボード、BIOSTAR「A68N-5745」

2017.03.03 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 常時起動マシンやセカンドマシンなどを中心に、一定のニーズがあるプロセッサオンボードの省電力マザーボード。今やすっかりIntel SoCの独壇場だが、BIOSTAR Microtech International Corp.(本社:台湾)から、ひさびさとなるAMD APU採用モデル「A68N-5745」がデビューした。クアッドコアCPUに加え、Radeon HDシリーズのGPUコアを1チップに統合。省電力向けとは言え、比較的パワフルに仕上げられたAMD A10シリーズを搭載する注目作。今回は国内代理店の株式会社アユート(本社:東京都千代田区)より、実機を借り受けその実力を検証していくことにしよう。
BIOSTAR「A68N-5745」販売価格税込10,000円前後(発売中)
製品情報(BIOSTAR/株式会社アユート

Richland世代のクアッドコアAPUを搭載する「A68N-5745」

今回取り上げるBIOSTAR「A68N-5745」は、Richlandこと、第3世代のノートPC向けAPU「A10-5745」をオンボードしたMini-ITXマザーボード。CPUはクアッドコアで、TurboCore機能により最高2.90GHzの高クロック動作に対応。さらにGPUコアには384基のシェーダー数を誇るRadeon HD 8610Gが内蔵され、省電力向けプロセッサながら、特にグラフィックス性能には期待がかかる。

Richland世代のノートPC向けAPU A10-5745。製造プロセス32nm、TDPは25Wで、4MBのキャッシュメモリを内蔵する

「A10-5745」のTDPは25Wとやや大きめのため、プロセッサには小型ファンで冷却性能を強化したアクティブクーラー実装。コンデンサは長寿命な「固体コンデンサ」で、サージ保護機能「Super Anti-Surge Protection」「Super LAN Surge Protection」、ESD放電保護機能「ESD Protection」、USBポートを保護する「USB Polyswitch」などの各種保護回路を搭載することで、信頼性と耐久性を高めている。

GPUコアはシェーダー数384基のRadeon HD 8610G。Intel HD Graphics 600シリーズを内蔵するKaby Lakeなど、非対応のプロセッサが増えているWindows 8.1/7を正式サポートするのも特徴だ

また省電力マザーボードながら拡張性も良好。メモリスロットは1.5V駆動のDDR3スロット×2で、最大32GBまで増設可能。ストレージはRAID対応のSATA3.0(6Gbps)×4、USB3.0ポートは計4ポート(リア×2/ピンヘッダ×2)を備え、ディスプレイ出力はHDMI×1、D-Sub×1の2系統。オンボードグラフィックスによるデュアルディスプレイや、PCI-Express2.0(x8/x16形状)によるグラフィックスカードの増設にも対応し、基本的な運用で拡張性が問題になることはないだろう。

パッケージは、BIOSTARのスタンダード向け「6+」シリーズおなじみのデザイン。サイズは実測W270×D220×H60mm

totop