エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
NTTレゾナント、3キャリアSIMが使えるDSDS対応SIMフリースマホ「gooのスマホ g07+」発売
4,980円で買えるマニアのオモチャ。懐かしのキーボード付きWindowsケータイ「T-01B」の未使用品が発掘
ドコモLTE対応の新品ディズニースマホが税込6,980円で特価販売中。在庫は1,000台以上
BIOSTARの最上位Intel Z270マザーボード「Z270GT9」が“Ultra HD Blu-ray”に対応
NVIDIA Quadro対応のクリエイター向けホワイトマザー、GIGABYTE「GA-Z270X-DESIGNARE」
iiyamaPC、デュアルXeon構成でQuadro搭載のワークステーション2種
3面強化ガラスパネルのコンパクトミドルタワー、XIGMATEK「PROSPECT」
プロゲーミングチームが認めたホワイト迷彩マザー、MSI「H270 TOMAHAWK ARCTIC DETONATOR EDITION」
【懐かしのPCパーツ図鑑】Vol.043 デュアルGPU搭載グラフィックスカードを98円で売ります
CFD&東芝製 SSDに日曜限定の特価モデル【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】

HOTNEWS
● プロゲーミングチームが認めたホワイト迷彩マザー、MSI「H270 TOMAHAWK ARCTIC DETONATOR EDITION」
● MicroATXでGeForce GTX 1080搭載のデュアル水冷マシン、サイコム「G-Master Hydro Z270-Mini」
● 定評のNASサーバー、Synology「DiskStation DS216j」でストレージ環境を見直す
● 秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「店員歴を教えてください」
● 超静音志向のゲーミングPCが手軽に構築できる Palit「GeForce GTX 1050 Ti KalmX」


1定評のNASサーバー、Synology「DiskStation DS216j」でストレージ環境を見直す
2MicroATXでGeForce GTX 1080搭載のデュアル水冷マシン、サイコム「G-Master Hydro Z270-Mini」
3まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
4NVMe SSD発熱問題の解決策。コスト1,000円以下でパフォーマンスは向上できる
5超静音志向のゲーミングPCが手軽に構築できる Palit「GeForce GTX 1050 Ti KalmX」

Home > レビュー > 一点突破
Thermaltake「Engine 27」がかなり気になる
エルミタ的一点突破 Vol.42

Thermaltake「Engine 27」がかなり気になる


2016年12月13日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 PCケースや水冷パーツで快進撃を続けるThermaltake(本社:台湾)。今年も多くの魅力的な製品を市場に送り込み、たくさんの製品を検証した。そして2016年の最後を飾るのは、超ロープロファイルCPUクーラー「Engine 27」(型番:CL-P032-CA06SL-A)だ。高さはわずかに27mmながら、70Wをサポート。静音性も確保されているというフレコミから、導入の予定が無い自作派からも、大いなる注目を集めている。果たして [小型]=[冷えない・うるさい] の定説を打ち破る事はできるのだろうか。
Thermaltake「Engine 27」(型番:CL-P032-CA06SL-A)
市場想定売価税込4,980円(2016年12月9日発売)
製品情報(Thermaltake)(株式会社アスク

条件の悪い環境での安定した冷却が求められる「Engine 27」

近頃はPCケースの新製品に注目が集まるThermaltakeから、実に気になるCPUクーラーがリリースされた。全高27mmに抑えられた、超ロープロファイルCPUクーラー「Engine 27」(型番:CL-P032-CA06SL-A)だ。
 12月9日より販売がスタートした注目の新型クーラーは、筐体の内部容積が限られた小型PCや1Uラックマウントサーバー向けに開発。CPUにとって過酷な環境のもと、安定した冷却が必要とされるだけに、一般的なサイドフロー型CPUクーラーよりもシビアな立場にある。どうしても外観デザインに気を取られがちだが、実は冷却パフォーマンスが試される製品なのだ。

ある意味一般的なサイドフロー型CPUクーラーよりも冷却能力が問われる「Engine 27」

Thermaltake「Engine 27」の履歴書

とは言うものの、1Uラックマウントサーバーでの運用よりも、コンシューマ向けの需要を見越して開発されているであろう「Engine 27」。本稿では、市場に並ぶロープロファイルCPUクーラーと同列に、自作PCにおける製品の善し悪しを見極めて行きたい。検証にあたり、まずはスペック表から「Engine 27」の概要を把握しておこう。
 Intel LGA 115x系のみに対応する「Engine 27」は、円形を形成する360°の放熱フィンと、その中心部に冷却ファンを埋め込んだ、特殊形状のCPUクーラー。冷却タイプは、トップフローとサイドフローをミックスした「トップサイドフロー」とでも言うべきだろうか。これまでに例が無い特殊なスタイルこそ、「Engine 27」に注目が集まる要因となっている。

ボディが小振りならパッケージも小振り。サイズは実測で幅114mm、奥行き52mm、高さは114mmといったところ。ポケットに収まる程度だ

外形寸法は91.5mmの円形に、高さは製品名にもある27mm。冷却ファンは60mm径と表記され、回転数1,500~2,500rpmのPWMに対応。騒音値は13~25dBA、風量は最大9.2CFM、風圧(静圧)3.1mmH2Oとされる。なお小振りなボディは重量310gと軽量。マザーボードへの固定はバネネジとバックプレートを利用する。

次は...  119枚のアルミニウム板で構成されたラジアルフィン

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us