エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.530

これで全てが分かる。CORSAIR「460X RGB」徹底解説

2016.12.09 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 フロントパネルと左サイドパネルに強化ガラスを採用したクールなルックス。今回は自作PCの人気ブランドCORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)が放つ新型ミドルタワーPCケース「Crystal Series 460X RGB」(型番:CC-9011101-WW)をすみずみまで徹底解剖しよう。フロントパネル部に120mm口径のRGBファン3基を標準で装備するなど、イルミネーションギミックにも注目だ。

CORSAIRの新作ミドルタワーPCケース「460X RGB」を試す

エルミタ検証記事の中でも、常に高いアクセスを集めるCORSAIRブランドのPCケース。12月より国内市場で販売が開始される新作は、Crystal Seriesに属するミドルタワー「460X RGB」(型番:CC-9011101-WW)だ。

CORSAIR「460X RGB」(型番:CC-9011101-WW)
市場想定売価税抜23,780円(2016年12月発売)
製品情報(CORSAIR)(株式会社リンクスインターナショナル

選択肢の多いミドルタワーPCケースの中にあって、ひときわ目に付くのは左サイドだけでなく、フロントにも装備された強化ガラスの存在。両方向から内部が透けて見えるシースルーデザインは、いかにも”魅せるPC”を意識した製品である事がわかる。
 さらにもうひとつ、標準で装備される3基の冷却ファンも大きな特徴だ。フロントパネル内部に実装される「SP120 RGB」は、単体でも入手できるLEDイルミネーション120mm口径ファン。多彩な発光色と発光アクションは、3つのスイッチで操作できる。

流行のスタイルを採用しつつ、CORSAIRならではのギミックも加えた自信作。それが今回の主役「460X RGB」というワケだ。

スペック表に見るCORSAIR「460X RGB」

実機による検証を行う前に、「460X RGB」の概要を、スペック表から読み解いていこう。対応フォームファクタはATX、MicroATXおよびMini-ITX。外形寸法は幅が220mm、奥行きが440mm、高さが464mmで、ミドルタワーPCケースの中でも、決して大振りなサイズではない。なお素材はシャーシがスチールで、副素材にプラスチック、さらにモデルを特徴付ける強化ガラスは2面に使用。重量は7.9kgとされる。その他、詳細スペックについては、検証を進めながらじっくり解説していこう。

なお「460X RGB」には「460X」(型番:CC-9011099-WW)というバリエーションモデルが存在し、11月19日より先行で販売が開始されている。基本設計は同一ながら、フロントパネル裏に装備される冷却ファンに違いがある。発光色とアクションにこだわらない人なら、価格を抑えた「460X」を選択するといいだろう。

先行発売された「Crystal 460X」(型番:CC-9011099-WW)は、フロントに1基の赤LEDファンを搭載。市場想定売価は税抜18,500円に設定されている

totop