エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.489

TLC NAND SSDの大本命、PLEXTOR「M7V」シリーズ徹底検証

2016.05.19 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「CrystalDiskMark 5.1.2」で、データサイズごとのパフォーマンスをチェック

引き続き、データサイズによるパフォーマンスの違いと、ランダムアクセスの最高値を中心に「CrystalDiskMark 5.1.2」のスコアをチェックしていこう。データサイズは50MiB~32GiBまで、用意されている9つすべてのプリセットで測定を行っている。

【50MiB】 【100MiB】
【500MiB】 【1GiB】
【2GiB】 【4GiB】
【8GiB】 【16GiB】
【32GiB】
4Kランダムアクセススコアの最大値(IOPS)
4K QD32T1ランダムアクセススコアの最大値(IOPS)

まずシーケンシャルアクセスを確認すると、読込最高561MB/sec、書込最高533MB/secでいずれも公称値通り。ただし16GiB以降はキャッシュにデータが収まらなくなるため読込・書込ともスコアが低下。一般的な用途で4GB以上のファイルを扱う作業はそれほど多くないが、高解像度の動画編集などを行う場合にはパフォーマンスが低下する可能性がある。

次にランダムアクセスを確認すると、4Kは読込最高55MB/sec、書込最高106MB/sec、4K QD32T1は読込最高399MB/sec、書込最高345MB/secを計測。IOPSに換算すると4K QD32T1はそれぞれ約97,500 IOPSと約84,200 IOPSになり、こちらもほぼ公称値通りの性能を発揮する。

totop