エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.489

TLC NAND SSDの大本命、PLEXTOR「M7V」シリーズ徹底検証

2016.05.19 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

外装カバーを外し内部構造とコンポーネント確認

外観を眺めた後は、外装カバーを取り外し、内部構造と実装コンポーネントを確認していこう。なおカバーを固定しているネジの1つは“WARRENTY VOID”シールで封印され、破った時点で製品保証が受けられなくなる。せっかくの3年保証をフイにするのは惜しいので、基板やコンポーネントは本項の画像にてチェックして欲しい。

エントリーモデルでははめ込み式の製品が多い中、「M7VC」シリーズでは上位モデルと同じネジ式のカバーを採用
さらに4本のネジを外し、台座から基板を分離したところ。「M7VC」シリーズでは計8本のネジが使用されていた
基板表面に実装される主要コンポーネントは4枚のNANDフラッシュのみ
基板裏面には4枚のNANDフラッシュ、2枚のキャッシュメモリ、コントローラを実装
コントローラはMarvell製SATA3.0(6Gbps)対応IC「88SS1074-BSW2」
NANDフラッシュはTSOPタイプの東芝製15nm Toggle MLC「TH58TFG9UHLTA2D」。容量は1枚あたり64GB、両面計8枚搭載し512GBとなる計算だ
キャッシュ用DRAMはNANYA製DDR3L「NT5CC256M16DP-DI」(512MB)と、「NT5CC128M16IP-DI」(256MB)。いずれも動作クロックは1,600MHzで、レイテンシは11-11-11
フラッシュROMはWinbond「W25Q80」を搭載 キャッシュ用DRAM周りに配置された電源回路
接続インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)に対応
基板の型番やリビジョンと思われるシルク印刷も確認できる
絶縁シートで全面が覆われた台座。コントローラ接触部には熱伝導シートが貼り付けられ筐体全体で冷却する仕組み
totop