エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
値上がり中のメモリにHDDやゲーミングデバイスも安い週末特価【パソコンショップアーク】
HDDとSSDの特価が山盛り【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
10%ポイント還元に特価セールのリストをチェック【ドスパラ パーツ館】
GeForce GTX 1080のZOTAC製ハイエンドベアが再入荷【ツクモパソコン本店】
東芝製6TB HDDが週末限定特価で登場【TSUKUMO eX.】
PCパーツ追加購入で最大3,000ポイント還元【ツクモDOS/Vパソコン館】
人気タブレットからSSDいろいろをズラリ特価で販売【あきばお~零】
クリスマス・年末セールが開催中 28日(水)まで【サンコーレアモノショップ秋葉原総本店】
ASUS製の格安再生品ノートが大量入荷【イオシス アキバ中央通店】
激安・高性能なNECタブレットが販売開始【ビートオン秋葉原店】

HOTNEWS
● 静音・高冷却なメインストリームの秀作。GIGABYTE「GTX 1050 Ti G1 Gaming 4G」
● これで全てが分かる。CORSAIR「460X RGB」徹底解説
● 期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証
● これで全てが分かる。Thermaltake「Core G3」徹底解説
● 全身ヒートシンク型Cubeケース STREACOM「DB4」で完全無音PCはできるのか


1期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証
2これで全てが分かる。Thermaltake「Core G3」徹底解説
3これで全てが分かる。CORSAIR「460X RGB」徹底解説
4全身ヒートシンク型Cubeケース STREACOM「DB4」で完全無音PCはできるのか
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define C」徹底解説

Home > レビュー > 撮って出し
これで全てが分かる。 CORSAIR「Carbide Series Quiet 400Q」徹底解説
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.477

これで全てが分かる。 CORSAIR「Carbide Series Quiet 400Q」徹底解説


2016年3月5日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
秀作PCケースが揃うCORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)から、E-ATXに対応するミドルタワーPCケースの新作「Carbide Series Quiet 400Q」(型番:CC-9011082-WW)が国内デビューを果たした。高密度遮音素材による「二層構造」を採用した期待の「静音志向」モデル。早速検証を開始しよう。

CORSAIR定評の「静音志向」PCケースの新顔「Carbide Series Quiet 400Q」

CORSAIRブランドから、密閉型フラットデザインが特徴的なミドルタワーPCケース「Carbide Series Quiet 400Q」(以下「400Q」)がラインナップに加わった。その外観スタイルから、製品コンセプトは一目瞭然。オープンベイをはじめ、スイッチ類の一切を排除したフラットなフロントパネル、および両サイドパネル、トップパネルの4面には、高密度遮音材による「二層構造」を採用。静音性を追求した、E-ATX(注意※305×270mmまで)対応のミドルタワーPCケースだ。

CORSAIR「Carbide Series Quiet 400Q」(型番:CC-9011082-WW)
市場想定売価税抜16,800円(2016年3月12日発売)
製品情報(株式会社リンクスインターナショナル)(株式会社アスク)(CORSAIR

その外観から通気性に弱点があるようにも思えるが、いわゆる「窒息系」の完全密閉型とは違う。フロントパネル両側面には大きな通気口を設け、任意で天板が開放できる「サイレントカバー」を装備。エアフローを飛躍的に向上させる「Direct Airflow Path」により、高冷却PCケースへとスタイルを変える事ができる。さらに内部は「熱源分離構造」を採用。電源ユニットを下段にセパレートし、シャドウベイのレイアウトを最適化する事で従来モデルに比べ、良好な通気性を確保した。
聞けばいいことだらけの新作PCケースだが、果たして単なるセールストークに留まらない”額面以上”のPCケースに仕上げられているのだろうか。妥協無きCORSAIRの新作だけに、期待せずにはいられない。

スペック表に見る「400Q」

編集部に届けられた評価サンプルを外装パッケージから取り出す前に、スペック表から概要を確認しておこう。外形寸法は幅215mmで、イマドキのミドルタワーPCケースとしては比較的スリムという印象。一方で奥行きは425mm、高さは465mmとなり、これらは標準的なサイズと言えるだろう。ここで気が付くのは、決して大柄ではないボディサイズながら、対応フォームファクタはE-ATXがサポートされていること。必ずしも選択肢が豊富とは言えないE-ATX規格のマザーボードだが、内部設計の最適化により、余裕のある搭載スペースがアピールされている。
ボディカラーは内外装共にマットブラック。主素材はスチールで、副素材にプラスチック部品も使用されている。その他詳細については、検証を進めながら詳しく解説していこう。

左サイドパネルをアクリルウインドウ仕様にした「​CORSAIR Carbide Series Clear 400C」(型番:CC-9011081-WW)も同時発売。市場想定売価は税抜16,800円とアナウンスされている

次は...  「400Q」外観デザインチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us