エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.397

極限OCの最新ミドルレンジ、Palit「GeForce GTX 960 Super JetStream」

2015.02.20 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 第2世代Maxwellアーキテクチャの採用により、さらにワットパフォーマンスが向上したNVIDIAの新ミドルレンジGPU、「GeForce GTX 960」が2015年1月にデビューを果たした。多くのユーザーが手に取るスイートスポットを担う製品だけに、解禁と同時にメーカー各社から工夫を凝らしたオリジナルモデルが多数ラインナップされているのはご存知の通り。今回はその中からPalit Microsystems(本社:台湾)「GeForce GTX 960 Super JetStream」(型番:NE5X960T1041-2060J)を取り上げる。2.5スロットを専有する大型クーラーの冷却性能を生かし、GeForce GTX 960では最高クラスのチューニングが施されたハイパフォーマンスモデル。その気になる実力を明らかにしていきたい。
Palit「GeForce GTX 960 Super JetStream」(型番:NE5X960T1041-2060J)
直販価格税抜28,686円(発売中)
製品情報(ドスパラ/Palit

クラス最高レベルのチューニングが施されたGTX 960「GeForce GTX 960 Super JetStream」

オーバークロックモデルを得意とするPalitブランドの中でも、特に高クロックモデルが揃う「Super JetStream」シリーズから、最新ミドルレンジGeForce GTX 960を搭載する「GeForce GTX 960 Super JetStream」(型番:NE5X960T1041-2060J)が登場した。VGAクーラーには独自設計の90mm「TurboFan Blade」ファンをデュアル実装する「JetStream」を搭載。さらにGPU温度が60℃未満の場合はファンの回転を停止させる「0-db TECH」に対応し、優れた静音性と高い冷却性能を両立させた。

そしてこの高冷却クーラーの性能を生かし、コアクロックはベースクロック1,279MHz(リファレンス1,127MHz)、ブーストクロック1,342MHz(同1,178MHz)の強オーバークロック仕様。さらにメモリクロックも7,200MHz(同7,010MHz)へと引き上げられており、GeForce GTX 960グラフィックスカードとしては最高クラスの性能を実現している。

Palitブランド製品はドスパラ各店で購入可能。注目のミドルレンジということで、ドスパラ パーツ館では特設体験コーナーが設置されていた

その他のスペックは、CUDAコア数1,024基、メモリバス幅は128bitで、GDDR5 2GBのビデオメモリを実装。出力インターフェイスはDualLink DVI×2、HDMI×1、DisplayPort×1、バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)で、補助電源コネクタはリファレンス通りの6pin×1。また購入特典として「METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES」ダウンロードクーポンが同梱され、購入してすぐにそのパフォーマンスを体験できるのもポイントだ。

“風”のロゴが大きくデザインされたパッケージ。サイズは実測400×270×97mmで、ミドルレンジグラフィックスカードとしてはかなり大柄

totop