エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.394

PCIe2.0(x2)対応のフラッグシップSSD、PLEXTOR「M6e Black Edition」実力検証

2015.02.07 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 帯域幅の限界により性能が飽和しつつあるSATA3.0(6Gbps)SSDに代わり、ハイエンドを中心にコンシューマ向けにも普及が進むPCI-Express SSD。今回はそんな高性能SSDの中から、PLEXTORブランドの最新モデル「M6e Black Edition」シリーズをチョイスした。
 PCI-Express2.0(x2)の採用により、SATA3.0(6Gbps)の帯域制限を解消。さらに大型の冷却用ヒートシンクを実装し、高負荷アクセスでも高い安定性を実現したというフラッグシップモデル。その気になる実力を、国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)協力のもと、256GBモデル「PX-256M6e-BK」を借り受け、各種ベンチマークより明らかにしていきたい。
PLEXTOR「M6e Black Edition」シリーズ「PX-256M6e-BK」(256GB)
市場想定売価税込34,370円前後(2月7日発売予定)
製品情報(リンクスインターナショナル/PLEXTOR

大型ヒートシンクで冷却性能を向上。独自キャッシュ「PlexTurbo 2.0」にも対応するフラッグシップSSD

「M6e Black Edition」シリーズは、今年1月にグローバルリリースされたPLEXTORブランドのフラッグシップSSD。「M6e」シリーズをベースにしたモデルで、バスインターフェイスは帯域幅10GbpsのPCI-Express2.0(2.0)に対応。さらに継続的なストレージアクセスでの安定動作を可能にする大型のヒートシンクカバーと、電力供給をサポートするSATAコネクタが新たに追加されている。

ブラックとレッドのコントラストが印象的な「M6e Black Edition」。アクリルサイドパネルのゲーミングケースとのマッチングも上々だ

またメインメモリの一部をSSDキャッシュとして利用する、インテリジェントキャッシュ技術「PlexTurbo 2.0」を新たにサポート。アクセス性能を飛躍的に向上させる「Performance Boost」に加え、停電や意図しないシステムダウンからキャッシュデータを保護する「Safe Power Loss」、独自アルゴリズムによりSSDの劣化を抑制する「Life Extension Mechanism」機能を備え、パフォーマンスだけでなく、耐久性・信頼性を兼ね備えたストレージ環境を手軽に構築することができる。

起動時のBIOS ROM画面では、バスインターフェイスの帯域幅が表示される。使用時はPCI-Express2.0(x2)で動作しているか、シッカリと確認しておこう OS標準のAHCIドライバで動作するため、OSのインストール時にも特別なドライバは不要だ

コンポーネントは、コントローラがMarvell製サーバーグレードIC「88SS9183」、NANDフラッシュは東芝製19nm Toggle MLCという、PLEXTORブランドおなじみの構成。さらに使い込まれた状態でも安定した性能を実現する「Plextor True Speed Technology」や、「48時間連続読込/書込テスト」「4,000回のアイドル/スリープ/ハイバネーションモードの繰り返しテスト」「250回の起動テスト」という厳格な出荷前テストを実施する「Zero Error」に準拠し、240万時間という業界トップレベルのMTBFと、圧倒的な低不良率を実現しているのも特徴だ。

M.2 SSDと変換基板で構成される「M6e Black Edition」。基本的なスペックは、以前詳細検証をお届けした「M6e M.2」シリーズに準じている

容量ラインナップは128GB、256GB、512GBの3モデル展開。公称転送速度はモデルにより異なるが、今回検証を進める256GBモデル「PX-256M6e-BK」では、シーケンシャル読込770MB/sec、書込580MB/sec、ランダム読込105,000 IOPS、書込100,000 IOPS、キャッシュメモリはDDR3 512MBを搭載する。なお各モデルの詳細スペックは以下の通り。

「CrystalDiskInfo 6.3.0」の結果。ファームウェアバージョンは1.05で、使用時間やデータ転送量も確認できる
totop