エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【ギークの殿堂 Vol.031】Androidスマホ史上最高の感動をありがとう!美しく最強な「Mi Mix」を手に入れたぞ
【コレオシ Vol.1418】「Tegra X1」搭載の最新Androidゲーム機「SHIELD PRO」あります
2月20日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
RGB LED対応のCherry赤軸搭載ゲーミングキーボード、Ozone「SPECTRA」シリーズ
GTX 10シリーズ標準の「PSO2:設定6」推奨デスクトップPC計4モデルがLEVEL∞から
iiyamaPC、STYLE∞からKaby Lake標準の15.6型フルHDノートPC計3機種発売
ケーブル不要。どこでも使える充電式Cube型ポータブルプロジェクターがサンコーから
4系統のディスプレイ出力を搭載するIntel Q270マザーボード、ASUS「Q270M-C/CSM」
「おすそわけ充電」対応の8インチLTEタブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ」、J:COMから発売
11台の3.5インチドライブを同時コピーできるデュプリケーター、Addonics「Jasper II 11S」

HOTNEWS
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
● これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説
3細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
4NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
5「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談

Home > レビュー > 撮って出し
これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.383

これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説


2014年12月19日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 エルミタとは日本国内上陸前より親交のあるFractal Design。今や静音PCケースの作り手としては屈指のメーカーにまで成長を果たした同社が、このほど自作市場に投入したのが「Define R5」だ。年末の慌ただしい最中にデビューを果たした新作は、これまでの「Define」シリーズ同様、「静音」を最大のコンセプトに、イマドキPCケースに仕上げられた。着実に進化を遂げる「Define」シリーズ注目の新作。早速検証を開始しよう。

Fractal Designの看板モデル「Define」シリーズに新作「R5」が登場

2012年8月にデビューを果たした「Define R4」から2年以上が経過し、ついに新作「Define R5」が投入された。エルミタでは、Fractal Designの国内上陸前となる2010年5月に、いち早く「Define R2」の検証を行ったが、その後順調に「R3」「R4」とリリースを積み重ね、このほど「R5」まで進化を遂げた。

Fractal Design「Define R5」
Black Pearl(型番:FD-CA-DEF-R5-BK)/Titanium Grey(型番:FD-CA-DEF-R5-TI)
Arctic White(型番:FD-CA-DEF-R5-WT) 市場想定売価税抜各17,000円前後(発売中)
製品情報(Fractal Design)(株式会社アスク

Fractal Designの代名詞的存在であり、看板モデルの「Define」シリーズだが、実は既存モデルから外観デザインに大きな変更は加えられていない。フロントパネルはフルフラットなデザインを採用する開閉ドア式で、両側面に外気を取り入れる通気孔を装備。サイドパネルやトップパネルには冷却ファン増設スペースを設け、エアフローを強化する事もできる。洗練されたスカンジナビアデザインと呼ばれるそのスタイルは、日本国内市場のみならず、世界各国で絶大なる支持を集めている。

「Define」シリーズのコンセプトは一貫して「静音」

外観デザインに大幅な変更はなく当初のイメージを踏襲しながら、今なお人気の「Define」シリーズ。新作「R5」も例外ではなく、そのコンセプトは一貫して「静音」だ。
 とはいえ、PCケースにおける「静音」は、もはや特別なキーワードではない。どんなに安価なPCケースでも、低速回転の冷却ファンを標準装備すれば、静音モデルが完成する。つまり単なる「静音」ではライバルモデルと差別化させる事は難しく、最近では、言わずもがなと「静音」を謳わないPCケースも増えているのが現状だ。そんな中、変わらず「静音」を筆頭キーワードに「R5」まで進化させた「Define」シリーズへの期待度は依然高い。その理由は決して低速回転の冷却ファンに頼らない「遮音設計」と、無駄な音を漏らさない「工作精度」の高さにある。外観デザインに大きく手を加えず、内部設計の改良を積み重ねて、完成度を高めていく。「Define」シリーズはこのようにして「熟成」されていく進化するPCケースと言えるだろう。
 また前作「Define R4」から2年もの歳月を必要としたのは、Fractal Design社の「ユーザー様の意見に耳を傾け、それを製品デザインに反映させる」という理念にある。成功を収めた「Define R4」に対する声と、そのリクエストに応えた結果、「Define R5」が誕生した。

スペック表にみる「Define R5」

「R5」へと進化した「Define」シリーズ。ここでスペック表を確認しておこう。外形寸法は幅232×奥行き521×高さ451mmで、前作「Define R4」(W232×D523×H464mm)に比べ、幅は同一、奥行きが2mm短くなったものの、高さは7mmサイズアップ。ちなみに重量は前作の12.3kgに対し、11.2kgと僅かに1.1kgの差があるのみ。改良を積み重ねたとはいえ、大きな違いはない。

カラーバリエーションはBlack Pearlに加え、Titanium Grey、Arctic Whiteの3色がラインナップする

対応フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITXで、オプションの電源ユニットはATX規格に準拠。その他、標準搭載される前後各1基の冷却ファンは「Define R4」に搭載されていた「Silent Series」の140mm口径ファンに代わり、新たに風量・騒音比率が最適化された「Dynamic GP14 140mmファン」が搭載されている。

次は...  Fractal Design「Define R5」外観チェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us